2013年08月03日

弦楽合奏

1082569_649360388409256_238826163_o.jpg

7月28日の午後、「生涯学習センター 荻会館祭り」でのヴァイオリニスト外岡協子先生の弦楽合奏のお手伝いに妻と出かけてきました。
後ろの紅白幕が凄〜く違和感ありましたが(生涯学習センターのイベントにこれいらんだろ...)、それ以外は楽しくモーツァルトのディベルティメントFdurとヴィヴァルディのConcerto Grosso、トトロも演奏させて頂きました。
昨日、最高の響きを誇る東京オペラシティコンサートホールでの本番で、今日は一転響きとまったく無縁の^^;荻会館ロビーでの演奏で、でもこの展開が凄く面白かったです。

「ヴィヴァルディ?? 誰だ、それ...」と言わんばかりのおじちゃん・おばちゃんたちが、うちわパタパタしながら「へぇ〜。ほぉ〜」とか言って聴いて下さる光景は「音楽」を感じるかなり濃密な時間でした(*^^)v

posted by pastoryama at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーオーディア 第20回賛美の夕べ

1073193_648848578460437_1112484147_o.jpg

東京オペラシティで行われた第20回賛美の夕べ、二回公演を終え無事帰宅しました。
6時の第二公演の方は客席スカスカ警報が出ていたのですが、最後の10日間くらいでグァァ〜と来たのでしょう。一部、二部ともに大勢の方が足をお運び下さいました。神様の驚くべき祝福、ホントに感謝でした。

写真は今回ご一緒したユーオーディアのコントラバスセクション。
内山リーダーを中心に、同盟教団の皆さまにはおなじみ草井先生のお嬢様、そしてダンディなおじさま二人、そして私の5人でコントラバスを演奏しました。
次はまた2年後でしょうか。それまで皆さんお元気で〜(^^♪

posted by pastoryama at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

人を変える方法教えます

suki.png

“あの人”の欠点を直す方法教えます。
基本的に人間関係の鉄則は「人は変えられない。でも自分は変えられる」です。
が、人を変える方法あります\(◎o◎)/

それは相手の長所を発見し、相手の長所を大好きになり、相手にその長所が素晴らしいと伝え続けること。たったこれだけです。

人の欠点・悪い場所を頭ごなしに注意しても効果はゼロです。いや、ゼロではすみません。マイナスです。
なぜなら人の欠点・弱点というのは、しばしば潜在的に自分自身が嫌っている自分の姿を隠そうとして生まれてくるものです。
自分さえも受け入れられない自分の一面を「あなたの○○が悪い」などと頭ごなしに言われたらどうでしょう。その人は益々必死になってその所を隠そう・守ろうといよいよ頑なになるだけです。

そんな時、相手の長所を見つけて下さい。お世辞とか、適当な誉め言葉ではダメです。
本気になって相手の長所を見つけ、その長所をあなたが心から喜び、「あなたのそういう所が素晴らしい、大好きだ」と伝え続けてみて下さい。すると何が起こるでしょうか?

不思議なことに、こちらが何も言ってないのにその人は自分の欠点・弱点を素直に言葉にして表現するようになります。そして自分のマイナス面と向き合うようになり、ボチボチ変化が表れるようになってきます。
なぜでしょうか??自分の良い面が評価され、自分も自分を喜べるようになるので、今まで受け入れられずに隠していた欠点と向き合う余裕が生まれてくるのです。人が変わる為に必要なのはこの余裕なのです。
自分の悪い所なんか実は本人は良く分かっています。分かっているけれど、受け止める余裕が無いので隠す他無くなってしまうのです。隠さなくても良いように、認めても大丈夫なように、その人の良い所を名一杯喜んで下さい!

相手の長所を見つけ、本気で好きになること。これが人を変える必殺の方法です!
「変わって欲しい〜」と思う人がいたら、すぐさま実行(*^^)v
上手くいかなかったら教会に相談にいらして下さい。責任もってアドバイスします。。。

川奈聖書教会では牧師山口があなたの相談お受けします!(^^)! 家庭・家族のこと、子育て、人間関係、心の問題。もちろん無料、秘密は厳守します。
たった一度のあなたの人生が素晴らしいものであるように、わたしにも応援させて下さい! 
0557(44)1728 Email kawanachurch@ybb.ne.jp

posted by pastoryama at 20:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

親子の距離感

kyori.jpg
子育てにおいて、親が子どもと適切な距離を保てるかどうかは非常に重要です。
そしてその難しさは、子どもの成長に応じて適切な距離が変わってくるということではないでしょうか。

大切な子どもです。友達との関係や学校での様々な出来事。年齢が増してくれば異性との関係など、親にとって気になることはたくさんあるでしょう。
だから、一つ一つ把握していたい。傷つかないように守ってあげたい。アドバイスしたい、と思ってついつい近寄り過ぎてしまうことがあるように思います。

親が子どもを知ろうとすることは基本的にとても良いことです。ただ、子どもとの距離が近いことが子どもを知ることに必ずしも繋がるわけではないことを覚えている必要があります。
例えば動物園でウサギの写真を撮るのと、ゾウの写真を撮るのと、カメラを構える距離感は当然違うでしょう。小さい動物であれば近づかないと良い写真になりませんが、同じ距離感で大きな動物の写真を撮ったら一部分しか映らないのです。

小学校低学年の時と同じ距離感で高学年になった時にも我が子を把握しようとすると、子どものある一部分しか見えなくなってしまい、かえって親の知らない場所が広がってしまいます。
例えば第三者の目には一目瞭然のその子の問題に身近な親が気付けないということはしばしばあるのですが、それは、子どもに対する関心が不足しているということもあり得ますが、逆に関心を持ち過ぎて近づき過ぎてしまい見えなくなっている場所があるとも考えられるのです。
「最近、自分の子どものことがよく分からない...」と悩む時、近づくことだけではなく、少し離れて子どもを見つめてみることも有益かもしれません。お子さんはあなたが思う以上に成長し、大きくなっているのかもしれません!

ドンドンと大きくなっていく子どもたち。その時々のお子さんを知るのに相応しい距離が見つけられると、親として子どもに出来ること出来ないこと、すべきことすべきでないことも見えてくるのかもしれませんね。

あなたの子育てを応援する、川奈聖書教会の教育相談室。
相談員は私、牧師の山口と、教師歴ほぼ40年の大ベテラン浦島さん!
気軽にご連絡下さい。Tel 0557-44-1728 
Mail kawanachurch@ybb.ne.jp

posted by pastoryama at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

50万回のチャンス

puestion.jpg

子どもが13歳になるまでに親に質問する回数はおよそ50万回なんだそうです。凄いですねexclamation×2 家の娘は特別おしゃべりなので70万回くらいいくかもしれません(*^^)v

子どもも忙しい時代ですが親も忙しい訳で、余裕があれば子どもの質問にゆっくり答えながらおしゃべりを楽しめるのですが、慌ただしい生活の中で中々そうもいきませんね。
「あとでね」と優しく言えればまだ良いのですが、「うるさい!」とか「今忙しいの!」とかついついイラッとしてしまうこともあるでしょうもうやだ〜(悲しい顔)

でもぜひ覚えていて下さいね。
お子さんが成長し中学生くらいになると段々と親がヒヤヒヤするような問題が起こってくるものです。けれどもその頃にはもう以前のように何でも話してくれる訳ではありません。子どもの様子を把握するのが難しくなってきます。
そこでいざ親が子どもと話したいと思った時に返ってくる言葉は、、、「あとでね」くらいなら恩の字ですよ...。「うるさい!」とか「今忙しいの!」とか、どこかで聞いたような答えが返ってくるようになります。

そんなことを考えると、子どもの方から質問してきてくれることってものすごく貴重な機会であることがわかりますよね。
子どもの質問に答えることの中で人生において大切なことを沢山伝えることができるんです!
50万回のチャンスの中であとどのくらい機会が残っているでしょうか。5000回でも残っていたらそれはまだまだビックチャンスがゴロゴロということです。生かしていきましょうexclamation×2

posted by pastoryama at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

チャペルコンサート終わりました

コンサート2013.jpg

チャペルコンサート2013、およそ120名の方が集まって下さり大盛況でした。
井上さんの表情豊かなチェロ演奏と分かりやすく引き込まれるお話し。そしてピアニスト高木さんの見事なテクニックと若々しい勢いのある音楽。時間を忘れて楽しませて頂きました。

川奈聖書教会聖歌隊も頑張りました!難しいグノーの荘厳ミサ曲を自分たちの音楽・賛美としてしっかり歌いこなしてました。

次回は12月に行われる聖歌隊コンサート、真夏の暑さの中で8月からクリスマスキャロルの練習です。また頑張って練習しますので皆さんご期待下さい!
posted by pastoryama at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

過剰包装の手本

1010447_630929473585681_2024124126_n.jpg

問 過剰包装とはなんですか?
答 必要以上に商品・製品を包装することです(出典:大辞林)

amazonさん、いくらなんでもやり過ぎだと思います(-.-)

posted by pastoryama at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

『チャペル』コンサート

998894_630546393623989_1519669549_n.jpg

いよいよ”チャペルコンサート2013” 今週土曜日(6月22日)開催です(^^♪
繰り返し申し上げます。「チャペルコンサート」です。
えっ、写真?? 我が家の愛犬「チャペル」ですが、なにか?
コンサートを二日後にひかえ、今日も人が通るたびに「ワンワ〜ン♪」と声出ししてました。”チャペルコンサート”に向けて余念無しです。
コンサートは13時半開場、14時開演となっております。
詳しくは下記URLをご覧下さい。皆さまのお越しを心よりお待ち申しあげております(^^)/
コンサート情報⇒http://www.geocities.jp/kawanachurch/werchirasi.jpg
教会ホームページ⇒http://www.geocities.jp/kawanachurch/

(この素敵な写真はDog Photograper 森清隆さんが撮って下さいました! http://dog-photos.jp/)
posted by pastoryama at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

原税理士さんのブログ

無題.jpg

http://ameblo.jp/hara-ism/
わたしの大切なパパ友で、原会計事務所の敏腕税理士 原さんがしばらく前から火曜礼拝に通って下さっています。http://hara-k.com/
そしてご自身のブログに説教の感想や聖書のメッセージをご自身の仕事に落としこんでまとめて下さっているのです。凄く励まされますし、益々気合が入ります!
火曜礼拝の内容以外にも勉強になる記事が盛りだくさん、ぜひチェックしてみてくださいわーい(嬉しい顔)
http://ameblo.jp/hara-ism/entry-11550475720.html
http://ameblo.jp/hara-ism/entry-11551117243.html

posted by pastoryama at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

三島キリスト教会での演奏


昨日は三島キリスト教会にお招き頂き、夫婦でチャペルコンサートのご奉仕をして参りました。一時間半のプログラム、今回も当教会聖歌隊のピアニスト富永唯さんにお手伝い頂いてヴァイオリン・コントラバス・ピアノのトリオで演奏させて頂きました。
4月に三島大社の通りに新しい会堂を献堂され、お披露目の時。ご近所の方が沢山来て下さったとのことで感謝でした。
とにかくとにかく、素晴らしい響きの会堂!!これまで演奏させて頂いた教会の中で、もっとも良い響きでした。プロテスタントの教会でここまで響きの良い会堂は珍しいと思います。
実は、同じ日本同盟キリスト教団に属する教会では川奈のお隣の教会がここ「三島キリスト教会」。ちょっと遠いお隣ですけど、隣の教会にお声掛け頂いて感謝でした。

DSC01646 (3).jpg




posted by pastoryama at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

娘の礼拝ノート

DSC_0244.JPG

上の娘は毎週火曜礼拝の説教の内容をノートに書き留めています。
礼拝後いつも見せてくれるのですが、4年生なりにちゃんと聞いているものだなと感心することもあります。
が、今日は講壇から見ていて明らかに様子が変でした!!
いつにもまして熱心にノートに書いているのですが、聞こえてくる音が”シャカシャカシャカ”...。
正体がこれでしたもうやだ〜(悲しい顔)

posted by pastoryama at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

かわいい4年生

最近長女の視力が悪くなってきたので眼科に連れて行きました。
待合室で自分の診察券パラパラ見ていたら整形外科の診察券を発見し娘はびっくり仰天exclamation×2
「パパ、わたし整形してるのがく〜(落胆した顔)」。
小学四年生、まだまだ可愛いです...。

posted by pastoryama at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

父の大きさ(楽器の...)

DSC_0198.JPG

娘の分数ヴァイオリンがめでたく1/8サイズに昇格しました!
1/16からはじまり1/10、そして今回1/8です。
今後1/4⇒1/2⇒3/4とサイズアップしていき、ようやくフルサイズ!今回の1/8サイズは2年くらいお世話になるでしょうか。

とはいえ、ちょっと大きくなったと言ってもやはり父は偉大です手(チョキ)(楽器のサイズが)
追い抜ける物なら追い抜いてみろ〜!!


posted by pastoryama at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

行ってきました!田牛サンドスキー場

touji.jpg

行ってきました、下田市 田牛(とうじ)海岸のサンドスキー場!
ここはとても珍しい地形で、海からの風が強いので砂が吹き上げられ自然にこのような砂の斜面ができているそうです。
駐車場が無料の上に、連休中はソリを無料で貸し出してくれて、しかも地元の方が子どもたちにお菓子配ってくれました。。。田牛の皆さん、ご馳走さまでしたわーい(嬉しい顔)

ムチャクチャ楽しかったですよ。芝スキーと違ってコケテも痛くないし、結構スピード出ます!!
ただ、、、上まで上がるの容易じゃないです。本気で一回一回がきついです。運動不足の私はもうフラフラ。リフトとは言いません。せめて階段付けて欲しいもうやだ〜(悲しい顔)

下の子、ソリ持って上がれないもんだから毎回パパがお付き合いしなくちゃいけなくて何回上らされたことか...。しかも、最初は「パパ一緒にすべって〜」って言ってたから良いけど、途中から「わたし一人でやるからパパいいよ」って...。
上までソリ運んで、下りも歩きで(涙) 明日筋肉痛確定しました。
相当疲れますがとっても楽しい場所です。これから暑くなれば、海水浴も楽しめますし! 伊豆、良いとこですよ〜。遊びに来てね。

posted by pastoryama at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

石鯛さま御一行がお出でになりました

tai.jpg

いらっしゃいませ、石鯛さま御一行手(チョキ)
獲れたての石鯛五匹、頂戴しましたよぉ。さすが川奈だぜぇ!!ご馳走様です猫
早速台所で発泡スチロールオープン!すると鯛クンがお口パクパク、う〜ん生きてる。。。
娘二人「キャ〜〜〜〜」と死にそうな悲鳴上げて去って行きました...。妻は静かに石鯛くんを見つめながら「ごめん、わたし生きてるの無理」とギブアップ宣言。
そこで、ここぞ夫&父の出番と思い定めたわたしは「俺に任せとけ!!」
別に魚苦手じゃないです。生きてても構いません。内蔵系も全然OKです。ただ...、包丁とかほとんど握ったことありませんので、、、

まずはネットで石鯛の卸し方チェックして、妻の指示を仰ぎながら挑戦。しかし包丁が中々切れない。そこで今日のMVP登場!!ミカン狩りの時に使う小さな枝切りバサミさん。これが素晴らしい使い勝手。。。君が居なかったら今日のミラクルは起こらなかったよ、ありがとう。
ハサミと包丁を使い分けながら、妻の指示通り案外的確に魚を卸していく私に黄色い歓声exclamation×2 途中内蔵を分解しているとお腹の中から大量のエビが出てくるのにびっくり。三枚卸しも見事成功、すげぇわたし。
華麗にハサミを使いこなす私に架歩が「パパ、工作じゃないんだから」と冷やかしてきましたが、集中しているので心無いヤジも気になりません。

段々手慣れてきた所で、今度は子どもたちにも魚の卸し方教室スタート。最初、悲鳴を上げていた子どもたちも段々慣れてきて、上手に手伝ってくれました。内蔵もしっかり素手で取りだしてましたね。うん、良い体験。丸々2時間かかりましたが楽しかったので一瞬でした。
神様がご用意くださった素晴らしいお恵み。家族四人、大満足と大興奮のひと時でした。。。神様、そして石鯛下さったファミリーに心から感謝します。ありがとう!

posted by pastoryama at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする