2013年12月23日

東京に向かうあなたへのエール

先日運転しながらラジオを聞いていると、クリスマスの思い出ということでリスナーからのお便りが紹介されていました。その中に、何年も前のクリスマスの思い出として、以前交際していた恋人との関係についてこんなことが読み上げられていました。

とっても大好きだった彼との関係が、クリスマスの前にひょんなことから破たんしてしまった。ちょっとした誤解だったのだけれども、その時は意地になってしまい相手を許すことができず別れてしまった。
けれども、今でもその人のことを時々思い出す。そして、もしあの時彼と別れていなかったら私の人生はどうなっていただろうか、と考えてしまう。
そんなメッセージでした。
20071224_47281.gif

ラジオのお便りに一々目くじら立てるのもどうかと思いながら、しかし私はその投書をロマンチックなストーリーとして聞くことはできませんでした…。

私たちの人生には確かにターニングポイント・岐路と言える場所があると思います。
そして、後で振り返ったときに「もし別の道を選択していたらどうなっていたか」と考えたくなることはあるでしょう。
自分の選択だけではありません。誰かの影響によって、特にも不本意な事柄の中で心ならずも...、そういうことが自分の人生のターニングポイントになってしまったとするならば、整理することが難しいのは当然のことでしょう。
「もしあのことがなければ」「もしあの人がいなければ」、そうやって何年でも、何十年でも抱え続けてしまう痛みがあります。
けれども一方で「良い」と思えたことが、後になって悪い出来事に変わることがありますし、逆に「悪い」と思えたことが、後で良い経験に変わることがある。これが人生です。
つまり私たち人間には、その時その時に起こる出来事の良し悪しは判断できないのです。
ただひとつ、はっきりとした人生における不幸があるとしたら、それは「悪い出来事」と判断された事柄が5年たっても10年たっても20年たっても、なお「悪い出来事」のまま変わらずにその人の人生に置きっぱなしにされることです。
そして何か辛い時に、苦しい時に、その場所に戻って「あのことのせいで私の人生は」と愚痴ってしまう。

しかしそうやって、事あるごとに不幸な過去の出来ごとに逃げ込んでしまう人生は積み上げられていきません。10年前に起こった不幸を、今でも辛いことがあると「あの時のせいで」という人は、結局10年間同じ場所で足踏みを続けているということです。
「あの人と結婚したせいで」「あの時会社が倒産したせいで」「あの時、あちらの道を選んでおけば」、そうやって私たちが振り返ってしまう、逃げ込んでしまうその場所から私たちの人生は一歩も前には進んでいないのです。 
悪い出来事を、悪いことのまま放置する人生の不幸とはこういうことです。

今回のあなたの選択があなたの人生を決めるのではありません。
大切なことはこの選択を、また過去に起こった様々なことを逃げ場所にしないこと。
クリスチャン詩画家の星野富弘さんが「悲しみの意味」という詩を読みました。
「冬があり夏があり、昼と夜があり、晴れた日と雨の日があってひとつの花が咲くように、悲しみも苦しみもあって私が私になってゆく」

東京に移る人生のこの転機も、あなたが益々あなたらしくされていく大切な人生の時だと私は思っています。だから、前を向いて進んでいってください!これからも応援しています(^O^)/
牧師 山口

posted by pastoryama at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

番外編:小さいことをしまい込まずに

情熱大陸で有名なヴァイオリニスト葉加瀬太郎さんの演奏をネットで見ていて思いだしたことがあります。
彼は元々クライズラー&カンパニーっていうグループで活躍しておられましたが、ほとんど同じ時期に「G-クレフ」というアコスティック楽器使ったバンドが活躍してたのご記憶の方いらっしゃるでしょうか。
どちらも芸大生が結成したバンドで、G-クレフはデビューの年に紅白にも出演しました。

あのG-クレフの中心メンバーだったヴァイオリニストの後藤勇一郎さんが、中学生の時に私のクラスに教育実習生として2週間来ておられたんです。音楽の授業だけじゃなくて学活とか給食の時間も一緒に過ごしました。

DSC_1276.JPG

ちょうど教育実習期間に合唱祭があって、私はピアノ伴奏者でした。
その頃は男子がピアノ弾くなんてすごく恥ずかしいことみたいに思っていて、私は人前でピアノ弾くの嫌だったんですけど、そうしたら教育実習生の後藤先生が「山口くん、ピアノすごく良いよ。音楽はいろんなことできるから絶対続けた方が良い」と何度か声をかけて励まして下さいました。
何か普通の人と違うカッコよさがある後藤先生のその励ましが嬉しくて全然練習しなかったピアノをそれからボチボチ頑張るようになって、その後私が音高に進学する一つのきっかけになったんだなと、なぜか急にそのことを思い出しました。
先生にとっては何気ない言葉だったのでしょうが、私の人生にはズシリときました〜。

後藤先生が教育実習を終えられる時に最後のあいさつで「実は私はG-クレフというバンドでデビューするんです」みたいなことをお話しになられて、デビューコンサートのポスターを教室に担任の先生が貼って下さいました。
みんなで「こういうのは絶対売れないよな。止めとけよ」とかムチャクチャからかったのも良く覚えているんですが、結局あれよあれよと言う間に評判になって、一緒にお弁当食べた後藤先生がその年の紅白歌合戦に出演し、演奏している姿を私は家のテレビで見るという驚きの展開だったのです。

私の大好きなマンガ「家裁の人」の第8巻で桑田判事が言ってます。「私達が少年に対してできることは、小さなことです。だけど小ささを恥じて、それをしまい込む人が多過ぎるんです」、その通りですね桑田さん(ToT)/
相手が抱えている問題の大きさと自分がして上げられることの小ささと、そのギャップがあまりにも広過ぎて絶望的な思いになることってありますよね。私はしばしばです。
でも、10の問題に対して私は1しか出来なかったとしても、1出来る人が他に9人いればその方に対して有効な関わりが成立するんです。

最近教会に来てくれる子どもたちがまた少し増えて、全員来ると20人以上の子どもたちが教会に繋がってくれています。その分、自分の無力さを痛感することが多くなりました。それでも、私にできる1、教会にできる1をしまい込みたくはありません。

話しを元に戻しますが、その後先生はG-クレフをお辞めになり、G-クレフも解散になって、すっかり忘れていたんですが、葉加瀬太郎さんをネットで娘と見ている時に突然このエピソードを思い出しました。
「あぁ、私が今も音楽続けているのはあの時に先生が励まして下さった言葉が影響しているな」と。それで、先生どうしておられるのかと思ってインターネットで検索したら、ヴァイオリニストとして今も幅広くご活躍とのことでした(^O^)/ 
がんばれ後藤先生〜!!


週一ブログの今日は番外編でした。。。

posted by pastoryama at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。