2015年05月06日

本当のシンデレラな生き方?!

今から20年前、私がまだ10代だった頃すでに父親の書棚に「シンデレラ・シンドローム」という名前の本があって手にとって読んだのを覚えています。カウンセリングの世界で昔流行した言葉です。
白馬の王子様が現れて自分の人生を劇的に変えてくれる、そんな願望にとりつかれた主には女性を言い当てる言葉だったと思います。
多分この言葉の影響だと思いますが、何か童話のシンデレラってあまり好きな話しではありませんでした。

10387143_750418828344017_4512229331416045840_o.jpg
6月11日 三島キリスト教会https://sites.google.com/site/mishimachrist/のチャペルコンサートに出演します。お近くの方ぜひ足をお運びください!

娘たちと妻が実写版のシンデレラの映画を観に行こうというので、家族サービスのつもりで出かけたのですが思いがけず面白くて見入ってしまいました。
非常に良かったのは、シンデレラ・シンドロームのようにではなく...、シンデレラの辿った劇的なストーリが地道な生き方と対立的にではなく、延長線上に描かれていたことです。
「優しさと勇気」というキーワードの中で、義母や義姉たちに酷い扱いを受けても怒りや憎しみに心を奪われることなく、ひたむきに生きるシンデレラ。厳しい現実からの逃避ではなく、厳しい現実に向き合うことの中で開かれていく人生。
魔法使いが現れて...、という不思議な物語がリアルな人生として描かれていること(私の感想)の面白さを感じました。

シンデレラ・シンドロームのように、「誰かが私の人生を幸せにしてくれる」という依存的な発想の中でパートナーを見つけても、そこには大抵「共依存」の問題が生じ上手くいきません。
もちろん相手の問題もあるでしょうが、自分の人生を「誰か・何か」によって変えてもらいたいという発想を持っている自分自身がどこまでもついてくるので、常に「こんなはずではない」という現実への不満と、「今のようではない将来」への期待を捨てることが出来ないのです。

最近はそのようなシンデレラ・シンドロームを逆手に取るようにして、依存的に生きてきた過去・現在のその人の在り方を否定し、その人が依存対象としてきた相手を非難・否定することによって、巧妙に新たな依存対象として自分や組織を刷り込ませコントロールする、そのような手法がしばしば見受けられます。
依存的な人の問題に関わる援助者が、いつの間にか新たな依存対象にすり替わるということは、依存症治療の現場でもう何十年も昔から言われていることですが、やはり今もそのカラクリで巧妙に依存的な方を振り回す人がいます。

映画の話しに戻ります。正確に覚えていませんが、“家族から酷い扱いを受けているのになぜ家を飛び出さないのか”と尋ねられたシンデレラは“「優しさと勇気」を持って私はこの場所で生きる”と力強く応えます。
シンデレラ・シンドロームを抜け出していく秘訣は、「私はこの場所に生きる」という決断と意思・覚悟です。
変えるべきは生きる場所や共に歩くパートナーではありません。そのように勧める人は「本物の王子様は私だよ」とささやいているだけ。結局これまでと同じ生き方をあなたに強いるでしょう。
どこに行っても、誰と生きても、自分はどこまでもついてくる。このことを忘れないで下さい。

ですから今を否定するのではなく、今と向き合うこと。相手を変えることではなく、自分が変わること。自分を苦しめる犯人探しではなく、変えられる自分の問題を認めていくこと。
そうやって、今この場所に生きようとするあたなを応援してくれる人、支えてくれる人があなたの本当の援助者です。そして、そのような地に足のついた、地道な生き方があなた自身を輝かせていくのです。
シンデレラ・シンドロームに囚われないシンデレラを観ながら、そんな地道な人生の素晴らしさを改めて考えました。

川奈聖書教会は、今この場所で生きようとするあなたを応援しています!
http://www.geocities.jp/kawanachurch/

posted by pastoryama at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

「思うこと」と「考えること」の違い

気持ち・感情が過度に重んじられることの多い時代では無いでしょうか。
気持ちは大切ですが絶対視すべきではありません。「感じるがままに」「思うままに」「ありのままに」という感性偏重主義は危ういものだ思います。

1532085_732669096745051_178041499_n.jpg
川奈聖書教会のクリスマスイヴ礼拝 24日(火)夜7時から8時 ぜひお越しください!

例えば病院で「おかげんいかがですか?」とお医者さんに尋ねられた時に、「苦しいです」「痛いです」「辛いです」「楽になりました」など感覚的な患者さんの反応だけを頼りに治療がなされるということは無いのだろうと思います。
患者さんの気持ちや感覚は、その方が抱えている問題・原因・状態を医師が見抜く手掛かりになるでしょう。そうやって、お医者さんは患者さんが抱えている問題の原因を突き止め対処していかれるのです。
同じように、カウンセリングにおいて相談者の気持ちや感覚に終始する対話というのは発展性を持たないように思います。様々な気持ちや感覚の原因となっている事柄を見抜いていくことが援助者の大切な仕事です。

気持ちや思い・感情は大切なものですが、それは絶対ではありません。
「嬉しい、楽しい、喜び、悲しい、怒り」、自分が感じている感情を素直に受け止めることは良いことですが、一方で「なぜこのような感情・感覚を私は(相手は)持っているのか」、感情や思いの源泉に対して論理的であることは大切なことです。

「どう思うか、どう感じるか」感性の問題と「どう考えるか、どう判断するか」論理・ロジックの問題がご自分の中でかみ合っているか確認してみて下さい。
野放しの感情というのはこわいもので、それは時に現実や事実を飲み込み歪めていく程の力を持っています。それゆえ意図的に感情を強調することによって、論理的思考を失わせ相手をコントロールするような悪しきことも時に行われます。
ヒトラーが「大衆は感情で動く。だから優しくしたり威圧したりすれば、大衆も政権も簡単にモノにできる」というようなことを言ったそうです。私たちは、自分の感情や思いを健全にコントロールしていくために、しっかりとした論理・考え方を身につけていく必要があるのです。

人生には辛いけれど向き合わなければいけないことがあります。苦しいけれどやり遂げるべきことがあります。楽しいけれど止めるべきことがあります。
感情は自分をより深く知る大切な手掛かりになります。しかし感情によって全てを判断することは出来ませんし、感情によって事実や真実を曲げてしまうべきではありません。
柔軟性や好奇心は大切です。でも、新しい物や考え方に触れるたびに振り子のように揺れてしまうのでは、人生を積み上げていくことはできません。ぶれない一貫性をもった考え方の中にこそ本当の意味での柔軟性が生まれるのです。

色々な感情をコントロールする論理を身につけておられるでしょうか。様々な人生の出来ごとの中で、それらを貫いていく確固とした考えを持っておられるでしょうか。
聖書はいつも私たちの感情を受け止めながら、進むべき人生の指針を示してくれるものです。

聖書を大切にする川奈聖書教会です。 http://www.geocities.jp/kawanachurch/

以前に書いたこんなブログ記事も参考になるかもしれません。
http://bokushishitusasayaki.seesaa.net/article/372275003.html
http://bokushishitusasayaki.seesaa.net/article/372892720.html

posted by pastoryama at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

特効薬を求めないこと

川奈聖書教会の初代牧師 荒井基先生は日本女子大で長年栄養学教授としてご活躍になられ、60歳を過ぎてからその職を離れて川奈で教会を開拓されました。
特に母乳に含まれる免疫機能の研究では日本において先駆的な役割を果たされた方だと伺っています。
その荒井先生がよくおっしゃっておられたのは、「食事はバランス良くが基本です。ちまたで言われる特効薬のような食べ物はありません」、ということでした。

IMG_0608 変更.JPG
荒井牧師に長女の祝福を祈って頂いた11年前の写真

「○○を食べると○○に良い!」みたいなことをテレビが取り上げると、もうその日の夕方にスーパーの売り場が品薄になっている。そういう風潮を嘆いておられました。
先生曰く「そうやってブームになった食べ物が注目され続けることがありますか?バランス良く食べ続ける、それが一番大切なことです」、荒井先生のおっしゃることはシンプルですが一貫性があり大事なことをたくさん教えて頂きました。

荒井先生が栄養について教えて下さった言葉は人生にもそのまま当てはまると思います。
しばしばびっくりするような特効薬が求められる時代です。人生が劇的に変わる偉人の言葉とか、心が一瞬で聖くなるような感動の話しとか、雷に打たれるような劇的な発見とか、、、でもそういうことで人生が大きく変わったと言う人はあまりいないと思います。
ネットをボンヤリ眺めながらたまたま手に入った情報で自分が別人になれるような感動を味わって、でもたまたま手に入った物というのはそれ相応のこととしてしか人生には意味を持ちません。

「食事はバランス良く」、これくらいの言葉ならレタスとキャベツの違いもおぼつかない私でも言えそうなことですが、こういうシンプルな言葉を何十年栄養学について研究し続けてこられた先生がおっしゃるからこそ意味があるし、説得力・影響力が生じるのです。

特効薬が求められる時代です。仕事も、勉強も、子育ても、夫婦関係も、健康も、特効薬を直ぐ探し始めてしまいます。私が教会でお受けする相談も、どんどんそのような傾向が強くなっているように思います。
一度お会いしてそこで何か自分が変われそうな劇的な何かをもらえないだろうか、と...。
でもそういう期待に応えようとは思いません。その期待を諦めることから人生の方向転換は始まるのです。
そして劇的な物には必ず反動や弊害があることも忘れてはいけません。細かい説明を省きますが、それは依存症の心理です。
劇的な経験は直ぐに効果を失い、更なる劇的な物を求めたくなり・・・、そうやって劇的な何かに依存することでしか人生を支えられなくなり、人生の目的が「劇的」を得ることにすり替わってしまいます。

ですから、特効薬を求めたくなる方がまず認めなければいけないことは、特効薬では人生は変わらないということ。「バランス良い食事。それを続けること」、という荒井先生の実に単純で地道なメッセージ、でも確かにその通りなのです。
何かの特効薬で、自分の暗部を誤魔化そうとするのではなく、その暗部を認め続け、そこに必要な物を与え続け、自分にとってマイナスになるものを取り除いていく。
そうやって10年、20年、、、バランス良い食生活が生涯に渡って求められるように、バランスの良い心の栄養、人生の食生活を考え続けていく。
本当に必要なものは一時的な特効薬ではありません。生涯に渡って自分に与え続けるべきものを見つけること。そして、それを続けていくこと。まずはそれが出来ない自分を認める所からはじめてみませんか。

「わたしはいのちのパン」とおっしゃったイエス様のことばを教会が語り続け、またそこに集まってくる方々が毎週聴き続けいく理由はこんな所にあるのです。

川奈聖書教会は掛け替えの無いたった一度のあなたの人生を応援しています!
日曜礼拝 午前10時半から12時
火曜礼拝 午後7時から8時 どなたでもお越し下さい。

posted by pastoryama at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする