2016年01月20日

なんと呼ばれたいですか?

色々な呼ばれ方をします。一番多いのは「山口先生」。でもそれだけではありません。娘たちからは「パパ」、友人たちからは「グッチーorボクさん」。ご近所さんは「山口さん」、親・兄弟は「こうじ」、妻からはいまだに「こうじくん」です…^^;
色々に呼ばれることを大切にしたいと思っています。
学校の「先生」、病院の「先生」、最近は少なくなりましたが政治家を「先生」と呼ぶ方もいますし、牧師も「先生」と呼ばれます。
先生としての責任を回避してはいけないと思いますが、一方で常時「先生」になってしまってもいけません。

12525393_1165958006749489_258147415981636640_o.jpg
聖歌隊の親睦会&新年会を大室高原のmiracoloさん(http://www.miracolo.jp/)で開催しました。いつも美味しいお料理と楽しい時間をmiracoloさん、ありがとうございます!

ある時点まで「先生」というのは自分より年上の人でしたが、段々自分より若い「先生」に出会う機会が増えてきました。私が最初に出会った年下の「先生」は娘の幼稚園の先生でしたがそれは新鮮な経験でした。
子どもがお世話になる先生に対して、親である私が敬意をもって「先生」として関わることは大切なことだと思っています。
以前、教会にお招きしたあるベテランの牧師さんは、ご子息と主任牧師を交代した時から教会ではそのことを弁え息子さんである主任牧師に敬語で話していると教えてくださいました。
牧師は教会において確かに先生としての責任を与えられています。けれども、当たり前のことですが牧師があらゆる事柄において「先生」である訳ではありません。
私は尊敬すべき信徒の方々に囲まれています。人生経験・社会経験・専門知識、様々なことで信徒の方が私よりも秀でており、私の先生になってくださいます。
最近は自分より若い教会のメンバーが少しずつ増えてきましたが、やはり若い方々を見ていて尊敬すべき所、教えられる所が多々あります。

一つの立場、一つの土俵にしか立てない人は不自由ですし成長することができません。その人は自分の肩書きが通用する土俵にしか立つことができないので、他の土俵で生かされる能力を持っていたとしてもそれを発見することができません。
一つの測り・一つの土俵だけで構成される集団というのは、相互に作用し影響しあう関係性が生まれないので閉鎖的で発展性がありません。
例えば私が常に先生である集団は私の能力以上に成長できませんし、私の限界が集団の限界になってしまいます。しかし、相互に先生として影響し合える集団は、一人のリーダーの能力・限界を超えて成長することができます。
このように個人・集団、両面において自分の得ている敬称・肩書きに固執しないことが成長することの秘訣です。

いつも先生であろうとしないこと。いつも生徒でいることに甘えないこと。様々な土俵にあがり、様々な視点があることを知り、尊敬しあう関係性に生きること。
豊かさを味わい成長していくためには相互に影響し合えるかがどうかがカギになります。
あなたの人間関係はどうでしょうか。あなたが属している集団、あなたが生活している地域はどうでしょうか。
「共依存から相互依存へ」、神学校卒業以来13年間ずっと考え続けているテーマです。

posted by pastoryama at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

どうしたら満足できる?

間もなく「教会塾いっしょ」のスペシャル企画「私はダメじゃないことがわかるお話し会」が開催されます。
今日は講師を務めてくださる大室高原の大切な友人、イタリアンレストラン ミラコロ http://miracolo.jp/ オーナーシェフ 小笠原貴史さん(以下 おがちゃん)のところにおじゃましてご夫妻から色々お話しを伺ってきました。ホントにステキなご夫妻です(^^♪

IMG_5807.JPG
10月19日(月) 午後5時から6時 主な対象 小学校高学年から中学生

おがちゃんの話しをうかがい特に印象に残ったことは「自分はラッキー。とても良い時代に事業を起こすことができた」と“今”をとにかくポジティブに受け止めてらっしゃることです。
ではどのように良い時代なのかと言えば、例えば「宅急便のスピードや確実性」によって新鮮な食材を全国各地から手に入れられること。
またブログやFacebookなどネット環境の充実によって以前なら届くことができない方々に向けて情報を発信できること、などなどです。
確かにレストランにとって大きな恩恵が受けられる事柄だと思います。けれども、それっておがちゃんだけが特別に受けられるサービスでは無いですよね。宅急便もインターネットも誰でも当たり前に利用できるものです。でもそれはひと昔前では考えられないことで、確かに“今”だからこそ受けられる特別な恵みです。

聖書の中に「わたし(神様)の恵みはあなたに十分である」という言葉があります。
満たされた人生を送ることの秘訣はまだ得ていない何かを求めることではなく、すでに得ている恵みを恵みとして認めそれを十分に味わい生かすところにあります。
悪いパターンは今すでに頂いている恵みを恵みとして認識できず、せっかく得ている恵みを「当たり前の物」「価値の無い物」と見逃してしまって、持っていない別の何かを求めてしまう生き方です。そのような生き方の中で満足や充足を得ることは決してありません。持っていないものを求めれば求める程、今得ている物を無意味・無価値にしてしまうからです。

「神の恵みは私に十分与えられている」、この聖書の約束を信じることは人生の祝福の秘訣と言えるでしょう。「あれが欲しい、これさえあれば」という思考は、十分に得られないことが原因で起こるのでは無くて、今得ている物を喜び生かしていない生き方の中に起こってくるものです。
そういう生き方に対して聖書は歯止めをかけてくれています。有名なモーセの十戒の中に「隣人の物をむさぼってはならない」という戒めがあります。この教えもまた、自分が得ているものに満足しなさいということであるし、また満足できる物を私はあなたに与えているという神様の約束でもあります。
新しい何かを求める前に、今神様があなたにくださっている恵みを一つ一つ確認し、それを大切にし生かすことを考えてみませんか。
きっと神様があなたに与えてくださっている恵みに気付き、満たされて生きる人生が始まります。
たった一度のあなたの人生を応援している、川奈聖書教会牧師の山口でした。
川奈聖書教会 http://www.geocities.jp/kawanachurch/
日曜礼拝:午前10時半〜12時  火曜礼拝:午後7時〜8時 気軽にお越しください!


posted by pastoryama at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

子供たちを育むことの希望

友人の原眞人さんの今日のブログ「教育こそが力」http://ameblo.jp/hara-ism/entry-12063363508.html、大いに共感しました。世界・国家レベルの問題から地域の問題に至るまで「時代を変えて行くのは政治家じゃない。若い力だ」と書いておられました。
状況を一変させるようなリーダー・救世主が切望される時代。でもそういう所にあまり望みを感じません。前回のブログ「劇的の罠」に書いた通りです。
「劇的」をアピールする人に一喜一憂するよりも、若い力を育成することにこそ希望があると思っています。劇的に変えてくれる誰かを探し求めるより、次代を担う若者・子供たちのために自分にできることを為していくことの方がずっと望み豊かでは無いでしょうか。

IMG_5383.JPG
高校野球の中継を見たのは何年ぶりだろうか。実家の近所にある東海大相模高校が決勝を戦っていることをfacebookで知り途中からテレビ観戦。高校球児の力を尽くした戦いに感激〜(^^)/

子供達の教育には二つの側面があると思います。
指揮者小澤征爾さんが二十歳そこそこでヨーロッパに渡る時に、彼の盟友であった指揮者の故山本直純さんが小澤さんにこんな言葉をかけたそうです。
「音楽のピラミッドがあるとしたら、オレはその底辺を広げる仕事をするから、お前はヨーロッパへ行って頂点を目指せ。征爾が日本に帰って来たらお前のためのオーケストラを日本に用意しておくから」
そしてご存じのように小澤征爾さんは世界の頂点を極める指揮者になり、山本直純さんはテレビ等での積極的な活躍によって日本のお茶の間に音楽文化を広げる貴重なお働きをなさいました。

才能豊かな・可能性に富んだ子供達を伸ばしていく教育と、時代の波にもまれこぼれ落ちそうになっている子供たちをすくい上げ支えていく教育と、両面が必要だと思います。私自身は後者の教育により関心があり、それが自分の使命だと思っています。
どん底を歩むような子供達と関わり支えていく時に、何か目に見える才能や特技は無かったとしても、厳しい状況の中で生き抜き、立ち上がって前に進もうとする子供たちの力に圧倒されるような経験をします。
子供たちの内側からにじみ出るような生きる力に触れる時に、子供達に関われることの特権と喜びを感じます。それは多分、大人との関わりでは体験しえない特別なものです。

家に引きこもっていた子が社会と接点を持つようになる。嘘ばかりついていた子が嘘を手放し、他者を傷つけることを喜びにしていた子が友達に優しい言葉をかけられるようになる。
こういうことは、社会を氷山に例えるなら水面下にあって人の目にはあまり映らないことでしょう。しかし、間近にそういう子供たちの変化に触れるならば、大げさでは無く感動に胸が震えます。
一人の子供の、社会においては水面下であるかもしれない変化・成長に私は次代への確かな希望を感じるのです。

愛してるくれる人、関わり続けてくれる人、応援してくれる人、信じ受け入れてくれる場所があれば時間がかかっても子供たちは必ず変わるものです。
時代を嘆いたり、ヒーローを探したり犯人探しをするよりも、あなたの周りにいる一人の子供さんと関わり応援してみませんか。子供たちを育んでいくことこそが私たちの本物の望みです。

川奈聖書教会は子供達を応援し、子供たちを育む教会です。
教会学校、教会塾いっしょ、教育相談室、子育てともとも、ぜひご利用ください!

posted by pastoryama at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする