2016年06月01日

AIにない人の魅力とは(将棋名人戦の感想から)

羽生名人敗れ、佐藤天彦新名人が誕生しました。天彦8段の4勝1敗ですから結果だけでいえば完勝、完敗です。
別に将棋を指す訳では無くルールが分かる程度ですが、解説付きで見ていると信じられない程に先の手を読み合っている棋士の様子が面白く、観戦するのは好きです。
今回の名人戦は今とにかく勝ちまっくている20代の天彦挑戦者と40代半ばでなお絶対王者の羽生さんの戦いということで関心がありました。名人戦は1回の対局が2日がかりで4勝した方が勝ちという長丁場ですからもちろん全部を見ることは不可能ですが、時間のある時にニコニコ生動画を覗いたりyoutubeにアップされている動画を見たりして推移を見守っていました。

syougi1.jpg


天彦8段が圧倒的な強さを見せたのは誰の目にも明らかですが、そんな中でニコニコ動画の画面に次々表示されていく視聴者のコメントに世相のようなものを感じました。
「羽生衰えた。羽生の時代終了。世代交代」、劣勢の羽生さんの姿を見てもはや「羽生に見る所無し」と言わんばかりの言葉が数え切れず表示されていました。
確かに40代半ばの羽生さんですから、後になってこの名人戦が世代交代のターニングポイントだったと言われる可能性はあるでしょう。ただ、ある程度年齢を重ねた人が若い人に負けると「彼の時代は終わり。衰えた。時代遅れ」と短絡的・表面的な評価しかされない価値観の薄っぺらさに違和感を覚えるのです。

特に3戦目・4戦目は私のようなど素人の目にも、終始羽生さん劣勢で厳しい展開でした。プロの棋士の方に言わせると一日目の形で、もう勝負ありと見えるような状況だったようです。
経験豊かなプロ棋士たちが軒並み「勝ち目なし」と見ている中、しかし羽生さん粘りました。そして終盤に飛び出した「八八歩」の一手は、対戦者の天彦八段も観戦しているプロ棋士たちをも呻らせる予想だにしない手だったようです。大逆転とまではいきませんでしたが、2日目朝の時点で「羽生完敗」と思われていた将棋を夜まで指し繋ぎ、最後の最後で「まさか」と思わせる山場を作って見せた羽生さんの執念に感動しました。

以前、精神科医の工藤信夫先生の勉強会で先生が「ベテランの精神科医より若手の医師の方が良いケースがある。ベテラン医師は自分の経験の中で患者さんの回復の可能性を早い段階で見切ってしまう所があるが、若手は経験が無いので“何とかできないか”と無理と思えるケースでも頑張り、思いもよらない結果を出すことがある」、そんなことをおっしゃっておられました。
様々な職業でそういう面があるかもしれません。私はまだ牧師歴13年の新米ですが、それでも僅かな経験の中で下手をすると「これはこの程度だろう」と見切ってしまう危うさを覚えます。
プロ棋士が軒並み「望みなし」と言っている以上そういう展開だったのでしょう。それでも何かあるのではと信じて考え続け、誰も見つけられなかった「何か」を示して見せたその姿に感銘を受けました。
経験ゆえに状況を見切って捨ててしまうのではなく、経験ゆえに望みを繋ぎつつ可能性を追求する姿勢。私もそのようでありたいと思います。

将棋は勝負事ですが、見る側の楽しみは勝ち負けだけではありません。
それこそ勝ち負けだけで言うならば、今や最強棋士は羽生さんでも天彦さんでも無くAI(人工知能)です。もう将棋におけるAIの人間に対する優位性ははっきりしました。だから最強のAIの将棋が面白いかと言えばそんなことは無いわけです。
努力・勉強し、失敗やミスを犯し、心が折れそうな時があり、それでも可能性を追求し続け、時に勝ち、時に敗れ、衰えた能力を別の場所でカバーし、経験を若さが打ち破り、若さを経験が打ち破り、そういう人間の営みが一つの事柄の中に現れるから魅力があるのです。

結果などの表面的な事柄しか評価できない価値観の中では、人の活動領域はどんどんAIに取って代わられていくでしょう。結局、表面的な価値観は人間自身の存在意義を失わせるものです。
「損か得か、勝つか負けるか、上か下か、早いか遅いか」、そういう表面的なものよりももっと奥行きがあり豊かな価値観・感性を身につけていきたいものです。

人が生きている、生かされていることの意味を人間自身が棄損するような時代の中で、人が人であることの失われ無い意味や価値を聖書は教えてくれています。
「私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています」聖書


posted by pastoryama at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。