2015年08月20日

子供たちを育むことの希望

友人の原眞人さんの今日のブログ「教育こそが力」http://ameblo.jp/hara-ism/entry-12063363508.html、大いに共感しました。世界・国家レベルの問題から地域の問題に至るまで「時代を変えて行くのは政治家じゃない。若い力だ」と書いておられました。
状況を一変させるようなリーダー・救世主が切望される時代。でもそういう所にあまり望みを感じません。前回のブログ「劇的の罠」に書いた通りです。
「劇的」をアピールする人に一喜一憂するよりも、若い力を育成することにこそ希望があると思っています。劇的に変えてくれる誰かを探し求めるより、次代を担う若者・子供たちのために自分にできることを為していくことの方がずっと望み豊かでは無いでしょうか。

IMG_5383.JPG
高校野球の中継を見たのは何年ぶりだろうか。実家の近所にある東海大相模高校が決勝を戦っていることをfacebookで知り途中からテレビ観戦。高校球児の力を尽くした戦いに感激〜(^^)/

子供達の教育には二つの側面があると思います。
指揮者小澤征爾さんが二十歳そこそこでヨーロッパに渡る時に、彼の盟友であった指揮者の故山本直純さんが小澤さんにこんな言葉をかけたそうです。
「音楽のピラミッドがあるとしたら、オレはその底辺を広げる仕事をするから、お前はヨーロッパへ行って頂点を目指せ。征爾が日本に帰って来たらお前のためのオーケストラを日本に用意しておくから」
そしてご存じのように小澤征爾さんは世界の頂点を極める指揮者になり、山本直純さんはテレビ等での積極的な活躍によって日本のお茶の間に音楽文化を広げる貴重なお働きをなさいました。

才能豊かな・可能性に富んだ子供達を伸ばしていく教育と、時代の波にもまれこぼれ落ちそうになっている子供たちをすくい上げ支えていく教育と、両面が必要だと思います。私自身は後者の教育により関心があり、それが自分の使命だと思っています。
どん底を歩むような子供達と関わり支えていく時に、何か目に見える才能や特技は無かったとしても、厳しい状況の中で生き抜き、立ち上がって前に進もうとする子供たちの力に圧倒されるような経験をします。
子供たちの内側からにじみ出るような生きる力に触れる時に、子供達に関われることの特権と喜びを感じます。それは多分、大人との関わりでは体験しえない特別なものです。

家に引きこもっていた子が社会と接点を持つようになる。嘘ばかりついていた子が嘘を手放し、他者を傷つけることを喜びにしていた子が友達に優しい言葉をかけられるようになる。
こういうことは、社会を氷山に例えるなら水面下にあって人の目にはあまり映らないことでしょう。しかし、間近にそういう子供たちの変化に触れるならば、大げさでは無く感動に胸が震えます。
一人の子供の、社会においては水面下であるかもしれない変化・成長に私は次代への確かな希望を感じるのです。

愛してるくれる人、関わり続けてくれる人、応援してくれる人、信じ受け入れてくれる場所があれば時間がかかっても子供たちは必ず変わるものです。
時代を嘆いたり、ヒーローを探したり犯人探しをするよりも、あなたの周りにいる一人の子供さんと関わり応援してみませんか。子供たちを育んでいくことこそが私たちの本物の望みです。

川奈聖書教会は子供達を応援し、子供たちを育む教会です。
教会学校、教会塾いっしょ、教育相談室、子育てともとも、ぜひご利用ください!

posted by pastoryama at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。