2015年07月21日

「劇的」の罠

私自身がそうなのですが、長い時間軸の中で物事を考えることが苦手な時代だと思います。
一度の機会で劇的に状況が変わることを願う、短絡的な発想に直ぐ囚われてしまいますし、劇的な変化を起こすような言葉に安易に引き寄せられてしまうのです。

IMG_4775.JPG
我が家の愛犬チャペル君

例えば選挙。「あなたの一票が国を変える」的なキャッチフレーズで「だから選挙に行きましょう」と勧められるのですが、どうでしょう...。
選挙権を得て18年、「選挙皆勤賞」が自慢の私ですが、自分の一票で政治が変わったと実感したことはありません。当たり前でしょう。そうたやすく政治や国は変わりません。
小さな石を何年、何十年と世代を越えて積み上げながら、ようやく少しずつ変わっていく可能性がある、そういうものではないでしょうか。だからこそ1回1回の選挙の1人1人の1票が大切なのだと思います。

子育ての問題も同じです。家庭・家族の問題に関わっているとしばしば負の連鎖と言えるような状況に遭遇します。
親から受けた悪い影響を排除することは容易ではありません。
“いけない”と思いながら、“止めなければ”と思いながら、しかし中々止められない・変えられない。そういう苦しみを経験しておられる方が多くおられます。
そういう方へのアドバイスとして「ゼロにする必要はない。完全に克服する必要はない。あなたが子供として親から“10”受けた辛い体験があって、それをあなたが子育てする中で“5”に薄めることができたら、それは物凄く大きなことであるし、それがあなたの大切な使命だと思いますよ」、そのように申し上げて応援させて頂きます。
そして、今度はその方のお子さんが5を3にしてくれるかもしれない。その次の世代では...、そうやって少しずつ少しずつ世代を越えて克服していく他無いのが家庭における負の連鎖の問題だと感じます。
そういう難しい問題であるからこそ、1でも0.1でも前に進むことは尊いことであるし、僅かな前進を軽んじてはいけないのです。

大きな問題、難しい問題、複雑な問題は一度で劇的には変わりません。劇的に変わったと錯覚することはあるし、意図的に錯覚させる人はいます。しかし、多くの場合それは振り子が反対方向に振れただけで、状況は何も変わっていないものです。錯覚に過ぎないのです。
逆に劇的な変化を望んだりそそのかされたりすることで、小さな地道な一歩を無意味・無駄にしてしまうことがあります。劇的な可能性の前で、私たちは小さな一歩の持つ意味や価値を見失ってしまいやすいのです。

神の御手の中にある世界の長い歴史の中で、私たち一人一人の人生はホンの一瞬、瞬き程のものです。そういう私たちの人生を上記のような意味において劇的・決定的に考えすぎない方が良いのかもしれません。
劇的・決定的な役割を担おうとすることで、本当の私たちの使命、石一つ積み上げることの責任を果たすことが出来なくなってしまうことがあるのではないでしょうか。

あなたがこれまでの人生において積み上げた一つ一つの小石は絶対無駄ではありません。大きな成果は見えないかもしれない。こんなことでは何も変わらないと思えるかもしれない。でもそれを地道に積み上げていく以外に解決に近づく方法はないのです。
だから、劇的では無い。小石を一個一個拾い集めるようなあなたの地道な歩みを応援する牧師。大切にする教会でありたいと願っています。

気軽に連絡ください。たった一度のあなたの人生を応援している牧師山口です! 
kawanachurch@ybb.ne.jp  44-1728

posted by pastoryama at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック