2015年06月17日

それは目的ですか、手段ですか?

先日、久しぶりのことで熱で半日寝込んでしまいました..。
夜中に熱が上がって寝苦しかったので居間で録画していた俳優 渡辺謙さんのドキュメンタリーを観ていました。彼が二度目の白血病に襲われた時の病と闘うモチベーションについて「俳優として何か作品を残すべく命をもらうんだという思いで」と語っていたことが印象的でした。

無題2.jpg
三島キリスト教会でチャペルコンサートのご奉仕をさせて頂きました

渡辺謙さんのような大病で無くても、体調を崩すと早く回復することを望むのは当然です。不快な症状が無くなり以前のような普通の生活が送れることを望みます。しかし良く考えれば、健康になると幸せになる訳ではありません。実際、多くの方が健康な体を得ながら不平不満一杯に生きているのです。

健康を回復することは目的ではなく手段です。回復した健康な体でどのように生きていくのか、目的を見据えて課題に向き合うことが大切です。
いつの間にか人生がほころんでしまう要因の一つとして、「目的」と「手段」の混乱があります。
例えば非常に健康に気を使って生活していたとします。食べ物一つ一つこだわり、体を動かし、規則正しく生活をし、それは素晴らしいことです。
しかし、そうやって健康に気をつかうことで人生が充実する訳ではありません。問題は、そうやって得た健康な体でどのように生きていくのか、何のために生きていくのか、目的です。けれども時に、手段が目的にすり替わり、いかに健康に生きるかに夢中になってしまい、健康を得ることで幸せになれるかのように錯覚してしまうことがあります。

子育てにおいても同じです。勉強や習い事など、それらは全て子供が幸せに生きていくための手段です。しかし、気をつけていないと手段であるはずの事柄を達成させることに夢中になってしまい、そこに子供の幸せの保証があるかのように勘違いをしてしまうのです。
結果、手段に依存する生き方を子供にも根付かせてしまうことになります。

健康、財産、能力、資格、こういうものは目的を持った人生においてはある程度有益ですが、目的の無い人生には何の役にも立ちません。しかし、目標や目的が曖昧な人生ほど、しばしば手段に飲み込まれてしまうものなのです。
ですから手段が目的化した生き方になっていないかどうか。手段に夢中になることで空洞化した人生を誤魔化してはいないか確認してみましょう。
しっかり見据えていなければならないのは、私たちが生きること、生かされていることの目的にあるのです。

生きることの目的を教える聖書、学んでみませんか。
日曜礼拝午前10時半から12時 
火曜礼拝午後7時から8時
http://www.geocities.jp/kawanachurch/

posted by pastoryama at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420854901
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック