2015年05月01日

みんな絶対輝ける!

私の友人、税理士の原眞人さんが超多忙の中、松川の水上舞台が印象的な「伊東祐親まつり」の企画委員として活躍しておられます。
特にも伊東市内の小学5〜6年生を対象に「伊東をこんな町にしたい!」をテーマにした作文を募集して、優秀な作文を書いたお子さんに「初代すけちかくん」の称号を授与するという、素晴らしいアイディアを早速に実行され伊豆新聞でも大きく取り上げられていました。
itou_suketika-2015.jpg
教会の子どもたちも作文コンクール挑戦してくれました!自分たちの住む町の将来について考える非常に良い機会になりました(^^♪

伊東の方以外は聞いたこと無いでしょうが、平安時代に伊東を治めた武将伊東祐親の名を冠した“祐親まつり”、もう40年の歴史があるそうです。ただ、、、伊東祐親のイメージってとにかく暗い。
もっとも知られるエピソードは源頼朝が平治の乱で流罪になり伊東に流され、そこで祐親の娘八重姫と頼朝の間に子(千鶴丸)をもうけ、それに怒った祐親は孫である千鶴丸を殺害するという悲惨なお話し...。「伊東祐親」と聞いて明るい・前向きなイメージないのです。
けれども原さんは今回、作文コンクールで「初代すけちかくん」を選ぶというびっくりなアイディアをお出しになられました。史実の暗いイメージとは全く違う、「伊東の町の開祖 祐親」という前向きな設定。そして開祖祐親にちなんで、子どもたちに伊東の町の将来を考えてもらうという、これまた実に明るく前向きな企画。祐親まつりの印象が大きく変わる、素晴らしいアイディア。さすが原さんです!

このように一人の人を異なる視点・方向性から見つめ直し捉えなおすということは、人を援助・サポートする上で、また子育てにおいても非常に大切な発想になります。
しばしば親は画一的な視点で子どもを見つめ、親の願う子ども像・親の持つ価値観に適う子どもであることを押し付けてしまいます。じっとしていることが苦手なお子さんに細かな神経を必要とする習い事を押し付けたり、創造的な才能のあるお子さんに機械的な作業を強いたり...。
そうすると当然、その価値観の中では「ダメな子、劣等生、落ちこぼれ」となってしまうでしょう。しかし一つの視点の中で否定されても、別の視点の中では大いに生かされる方が沢山います。
ですから本物の教育者は、育たないことを生徒の資質のせいにはしません。才能がある人しか伸ばせない、一種類の才能しか伸ばせない、そういう指導者であってはいけないのです。

全ての人に神様は賜物を与えて下さいました。それは「誰かのようになれる才能」ではなくて、“その人にしか出来ない何か”の賜物です。ですから本物の教育者・指導者は、沢山の引出しからそれぞれが持っている才能・賜物をもっとも生かし輝かすことができる方向性を見出し、自らの可能性を自覚させていく援助が出来なければいけません。
「これこれの資質・才能が無ければダメ。あなたはこれが出来ないからダメ」、そういう前提のある教育では無くて、全ての人が輝く可能性を持った教育でなければいけないと私は思うのです。

イスにどうしても座っていられないお子さんがいます。では45分間座っていられなければ、もうそのお子さんには望みが無いのでしょうか。そうではありません。座っていられないお子さん、じっとしていられないお子さんが、しかし体を動かすことの中で素晴らしいことが出来るのです。
神様が一人一人を掛け替えのない存在として創って下さったのであれば、一人一人の生かし方、生かされた方というのもまたそれぞれにあるのではないでしょうか。
画一的な価値観で「家の子は」と嘆くのではなく、お子さんを生かす柔軟な視点が求められているのかもしれません。

ぜひ教会に子どもさんをお送り下さい。お子さまに与えられている素晴らしい賜物を発見し生かすお手伝いをさせて頂きます。http://www.geocities.jp/kawanachurch/
子ども礼拝 毎週日曜 9時15分〜10時半

posted by pastoryama at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。