2015年03月28日

“出る杭”が喜ばれるグループに

私の好きなドキュメンタリーに1985年に放送された「OZAWA」という小澤征爾さん50歳の時の様子をまとめた映像があります。
その中で、中国系アメリカ人のチェリスト、ヨーヨー・マさんと小澤さんが語りあう場面が非常に興味深いのです。
彼らは東洋人に西洋音楽が出来るのかという話題で語り合うのですが、その中で日本文化・東洋文化を「個性より協調性が優先する。才能あるものは辛い。しかし、ひとたび東洋を出ると自己を主張しなければいけない」と分析していきます。
「西洋音楽に向き合う東洋人」という文脈の中で交わされるこの会話の中で小澤さんは驚くほど感情的になり、撮影の続行を拒否するほどでした。彼にとって極めて重大な問題がそこにはあったのだろうと思います。


西洋と東洋とどちらの文化が良いという話しではありません。自分たちの文化に誇りを持つことは悪いことではありませんが、絶対化すべきではありません。
協調性が優先されるゆえに、才能ある人が自らの才能をあたかも悪いものでもあるかのように認識させられてしまう社会性というのが確かに存在しているのではないでしょうか。
それは「才能」とポジティブに認められるものだけでなく、「障害」とネガティブに捉えられてしまうような事柄にも同じように認められるのです。

以前にもADHDについて書いたことがありました。
そうした傾向を持つお子さんやその親御さんと関わる中でしばしば感じるのは、協調性が個性に優先される社会の中にあるから、彼らは問題児というレッテルを強烈に突き付けられてしまうのではないかと言うことです。
つまりADHDと言われる傾向を持つお子さんの問題性ばかりに目が向けられるのですが、むしろそのようなタイプのお子さんを「ADHD」と際立たせてしまう社会の問題性にももっと目を向けるべきではないでしょうか。

日本は和の文化と言われるので一般的には集団意識が非常に強いと思われがちです。しかし心理学者や社会学者がしばしば指摘することですが、東洋文化における集団の特徴は自立性の低さにあると言われます。
日本における集団への帰属意識はしばしば自信の無さや不安感、それゆえの依存心が根底にあります。グループに属することで自らのアイデンティティを獲得しようとするのです。
一方、西洋的なグループは様々な個が結び合った集団。つまり個というアイデンティティを獲得した人々が結び合う、発展性を喜ぶ集団です。

お世話になった心理学者の丸屋真也先生が教えて下さったことですが、西洋文化においてはグループに所属することには常に努力が求められる。それは自分が何者であるのかということを明確化していく努力。即ち個を現していく努力です。
一方、東洋の文化においてはグループに所属することは簡単です。個を出さずにグループに忠実に従っていれば良いのです。アイデンティティを求めてグループに所属するのか、アイデンティティを持つ人が他者との繋がりを求めるのか。
1+1が1で終わってしまうグループと、1+1が2、更にそれが掛け算に変わって倍加されていくような創造性のあるグループと。一概に「集団」と言ってもその性質はまったく異なるものです。

最近「和の文化は素晴らしい」という協調性を強調した日本文化や日本の宗教性を称賛する言葉をよく耳にします。しかしもう少し内実を問うた方が良いのではないでしょうか。
もしかして、私たちが見ている「和の文化」とは多様なものを包容する豊かさではなく、1+1+1...どんなに沢山の1を足して行っても答えが1にしかならない、全てを曖昧にする「和」に過ぎないのではないか。そのような文化の中でただ一つだけ曖昧でないのは、答えを1にしない人、出来ない人。明確な何かを現そうとする人は否定されてしまうという現実です。

人と人とが結び合うことは素晴らしいことです。そういう意味で「和の文化」を大切にすべきだと思います。けれども、出すべき答えが決まっている集団というのは一見優しそうな顔をしていますが、ある人々にとっては極めて暴力的に感じられるものです。
人と人が結び合う喜びというのは本来創造的で前向きなものですが、それは自分と同じ誰かが結び合うことではなく、自分と違う誰かが結び合うからこそ生まれる創造性です。
「出る杭が打たれる」グループではなく、「出る杭が喜ばれる」グループへ。皆さんが所属意識を持つ集団・グループと自分との関係性を改めて考えてみませんか。
自分も他者も、もっと生かしあえる関係性に変えていく余地があるのかもしれません。

聖書を学ぶと私たちの日々の生活に沢山の新しい気付きが得られます。聖書は世界のベストセラー、ぜひ教会に足をお運びください!
教会であなたを待っているだけではありません。呼んで下されば、喜んで私が足を運びます(^^♪
FM伊東、伊豆高原十字の園、平和の杜、伊豆高原ミッシェルガーデンコート、教会外でも色んな所に伺わせて頂いております。気軽にお声掛け下さい。。。


posted by pastoryama at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック