2015年03月21日

本物の援助は紙一枚

2014年度の教会塾いっしょが終わり、子どもたちと一緒に歩んだ一年間を振り返りながら支援すること、応援することの意味を考えています。

子どもたちに限らず、誰しも人生の困難で援助を必要とすることがあるでしょう。そこで色々な援助者に出会うと思いますが、あまりにも劇的な援助者、その人の人生に影響を及ぼし過ぎる援助者というのは、短期的には非常に魅力的なのですが長期的にはあまり役に立たないように思います。

10392364_642709179193846_6151828493694463969_n.jpg
教会塾いっしょでご指導下さっている浦島先生の「うらしまコンサート」(そのままですね...)に出演させて頂きました(^^)/

私たちが困難において援助者に求めることは大抵問題の解決です。そしてそのことを引き受けようとする援助者、実際に解決してくれる援助者はその時には大変ありがたい存在です。
けれども、あなたの問題を代わりに解決してくれる人はあなたを成長させてくれる人ではありません。そこで覚えるのは援助者への頼り方だけであって、その人自身は何も変わらないのです。

本当の援助とはその人が直面している問題に、その人自身が挑戦し時間がかかったとしても乗り越えていけるように、その人のチャレンジを支援することではないでしょうか。
そもそも援助、応援というのは地味でその成果は見え辛いもの。本当の援助と言うのは劇的であったり、目立ち過ぎてはいけないものなのです。

子どもたちとじっくり関わっていると、子どもたちの内には「前に進もう、挑戦しよう」とする前向きな思いが必ず潜んでいることに気がつきます。でも、色々な事情でそれが中々表に出てこないのです。
自信が無い、怖い、寂しい、過去の失敗、自己像の傷、色々な事情があるでしょう。それで脇道に逸れたり、無気力になったり、反抗的になったり、甘えたりする訳です。
でもどこかのタイミングでそういう自分に満足できずに「やっぱり前に進みたい、自分の人生を歩んで行きたい、挑戦したい」という意欲が現れる時があります。必ずあるのです。
その時に、ホンの少し背中を押してくれる人がいる。「あなたの挑戦を応援しているよ」と自分を肯定してくれる人が居る。
それは地味な存在ではあっても、その人の人生を左右するような意味のある援助になるのです。

人生って紙一重だなとしばしば思います。それは見方を変えると本当に必要とされている援助は紙1枚程度、ということかもしれません。
でもしばしば援助する側が紙1枚分の援助では満足できずに、紙20枚、30枚分になりたくなってしまって、結局本人の成長の芽を摘んでしまうようなことがあるのではないでしょうか。

本当に必要とされている援助は紙1枚。自分を紙1枚に出来るかどうか。そして、人生を左右する本当に大切な1枚になれるかどうか。
誰かの人生に劇的に関わることなど出来ませんし、出来たとしてもそれは自己満足に過ぎないのかもしれません。
人生は紙一重。だから地味であっても、子どもたちが必要としている本当に大切な紙1枚がいつでも用意されている教会でありたい。これが子どもたちと関わる川奈聖書教会の責任だと思っています。

ぜひお子様を教会にお送り下さい(^^♪
子ども礼拝 毎週日曜日 午前9時15分から10時半
http://www.geocities.jp/kawanachurch/

posted by pastoryama at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415977868
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック