2015年01月30日

親子の距離感〜惑星と衛星のように〜

娘たちの学校で「なわとび集会」というのがありました。
家の娘たちはとにかく学校行事は何でも親に観に来てほしいタイプなので、5年生のお姉ちゃんも1年生の妹も「観に来て!来れる?絶対来てよ!!」と繰り返し誘ってくれました。
何とか時間を調整して行ってみると学年ごとの集会なので見学に来ている保護者は10名弱...。もちろんお父さんは私だけ。
マラソン大会のように保護者が呼ばれている集会だと勘違いしていたので若干恥ずかしさはありましたが、私の顔をみつけて喜んでくれる娘たちの顔を私も嬉しく思いながら、八の字飛びを見学してきました。

IMG_3655.JPG

オズワルドという心理学者がこのようなことを言いました。
「子どもは親の衛星になることによって問題への正しい対処を学ぶ」、惑星と衛星の関係のように、いつも等距離に親が居てくれることを子どもが感じられる。その安定した親子の関係性・距離感を軸・土台として、子どもは様々な出来事に対処する力を見につけていくというのです。 
いつも同じ場所に、同じ距離に親が居てくれるという、そういう見えない親の支えが子どもの力になるのです。

親子の関係を「衛星」に例えるというのは絶妙な表現だと思います。
ついつい親は心配になって子どもにくっつき過ぎてしまいます。手取り足取り、何でもやってあげたくなるのです。でも、それでは子どもは自分の力をつけていくことができません。親に限らず「誰かにやってもらう」という依存的な発想が染みついてしまうでしょう。
くっついていなくて良い、惑星と衛星の距離感で良い、というのです。

一方だからと言って、親が子に無関心であることのマイナスももちろんあります。
例えば教会のリトミック教室でよく目にする光景ですが、お母さんと離れることが難しい就園前の子どもさんが、他の子どもたちの遊びやおもちゃに惹かれて少しずつ自分でそこに参加して行こうとします。その時に少しずつ前に進みながら、何度も何度も振り返ってお母さんの存在を確認します。
お母さんがそこに居てくれている。私のことを見てくれている。その安心感の中でお母さんの下を離れ、友達の輪の中に少しずつ加わっていきます。
ある一定の距離の中で見ていてくれているお母さんの存在、正に衛星のように離れているけれど繋がっている、その安心感が子どもの自立・成長・チャレンジの力になるのです。
そして成長と共に少しずつ親との距離が離れていき自立に向かっていきます。

親子の惑星と衛星の距離感が安定していると、様々な出来事があっても子どもさんの情緒は安定し様々な課題にそれぞれのペースで向き合っていくことができます。
一方、親子の惑星と衛星の距離感にぶれが起こると、それが何がしか子どもさんの様子に現れるものです。
近づきすぎると依存性が高まりチャレンジ精神が失われたり、親の存在が近すぎて窮屈になりイライラが現れたりします。逆に遠くなりすぎると、「私をもっと見て欲しい」というサインを問題行動や体調不良なので訴える、というようなことが起こります。

最近小・中学校で、怪我をしたかのような傷口のペイントをボールペンやマジックですることが流行っています。
子どもたちの流行にはしばしば意味があると思います。怪我をしたかのようなペイントを見て「どうしたの!」と注目してくれることを望んでいる、「もっと私を見て欲しい」という現代の子どもたちの欲求を投影しているのかもしれません。
親も子も忙しい時代。いつも一緒にいることは出来ませんし、関われる時間は限られています。
でも、子どもは親が私のことを思ってくれている、見ていてくれている、そういう安心感を必要としています。
それぞれの年齢、成長に合わせた惑星と衛星の距離感があります。
惑星である親の都合ではなく、衛星である子どもの状況に合わせて適切な距離感を保つことが出来ると良いですね。

川奈聖書教会はあなたの子育てを応援しています!
子育て相談室 教師歴40年の浦島さんと牧師の山口がお伺いさせて頂きます。
44-1728 Email kawanachurch@ybb.ne.jp
posted by pastoryama at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413204880
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック