2014年12月23日

「思うこと」と「考えること」の違い

気持ち・感情が過度に重んじられることの多い時代では無いでしょうか。
気持ちは大切ですが絶対視すべきではありません。「感じるがままに」「思うままに」「ありのままに」という感性偏重主義は危ういものだ思います。

1532085_732669096745051_178041499_n.jpg
川奈聖書教会のクリスマスイヴ礼拝 24日(火)夜7時から8時 ぜひお越しください!

例えば病院で「おかげんいかがですか?」とお医者さんに尋ねられた時に、「苦しいです」「痛いです」「辛いです」「楽になりました」など感覚的な患者さんの反応だけを頼りに治療がなされるということは無いのだろうと思います。
患者さんの気持ちや感覚は、その方が抱えている問題・原因・状態を医師が見抜く手掛かりになるでしょう。そうやって、お医者さんは患者さんが抱えている問題の原因を突き止め対処していかれるのです。
同じように、カウンセリングにおいて相談者の気持ちや感覚に終始する対話というのは発展性を持たないように思います。様々な気持ちや感覚の原因となっている事柄を見抜いていくことが援助者の大切な仕事です。

気持ちや思い・感情は大切なものですが、それは絶対ではありません。
「嬉しい、楽しい、喜び、悲しい、怒り」、自分が感じている感情を素直に受け止めることは良いことですが、一方で「なぜこのような感情・感覚を私は(相手は)持っているのか」、感情や思いの源泉に対して論理的であることは大切なことです。

「どう思うか、どう感じるか」感性の問題と「どう考えるか、どう判断するか」論理・ロジックの問題がご自分の中でかみ合っているか確認してみて下さい。
野放しの感情というのはこわいもので、それは時に現実や事実を飲み込み歪めていく程の力を持っています。それゆえ意図的に感情を強調することによって、論理的思考を失わせ相手をコントロールするような悪しきことも時に行われます。
ヒトラーが「大衆は感情で動く。だから優しくしたり威圧したりすれば、大衆も政権も簡単にモノにできる」というようなことを言ったそうです。私たちは、自分の感情や思いを健全にコントロールしていくために、しっかりとした論理・考え方を身につけていく必要があるのです。

人生には辛いけれど向き合わなければいけないことがあります。苦しいけれどやり遂げるべきことがあります。楽しいけれど止めるべきことがあります。
感情は自分をより深く知る大切な手掛かりになります。しかし感情によって全てを判断することは出来ませんし、感情によって事実や真実を曲げてしまうべきではありません。
柔軟性や好奇心は大切です。でも、新しい物や考え方に触れるたびに振り子のように揺れてしまうのでは、人生を積み上げていくことはできません。ぶれない一貫性をもった考え方の中にこそ本当の意味での柔軟性が生まれるのです。

色々な感情をコントロールする論理を身につけておられるでしょうか。様々な人生の出来ごとの中で、それらを貫いていく確固とした考えを持っておられるでしょうか。
聖書はいつも私たちの感情を受け止めながら、進むべき人生の指針を示してくれるものです。

聖書を大切にする川奈聖書教会です。 http://www.geocities.jp/kawanachurch/

以前に書いたこんなブログ記事も参考になるかもしれません。
http://bokushishitusasayaki.seesaa.net/article/372275003.html
http://bokushishitusasayaki.seesaa.net/article/372892720.html

posted by pastoryama at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411130139
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック