2014年12月09日

特効薬を求めないこと

川奈聖書教会の初代牧師 荒井基先生は日本女子大で長年栄養学教授としてご活躍になられ、60歳を過ぎてからその職を離れて川奈で教会を開拓されました。
特に母乳に含まれる免疫機能の研究では日本において先駆的な役割を果たされた方だと伺っています。
その荒井先生がよくおっしゃっておられたのは、「食事はバランス良くが基本です。ちまたで言われる特効薬のような食べ物はありません」、ということでした。

IMG_0608 変更.JPG
荒井牧師に長女の祝福を祈って頂いた11年前の写真

「○○を食べると○○に良い!」みたいなことをテレビが取り上げると、もうその日の夕方にスーパーの売り場が品薄になっている。そういう風潮を嘆いておられました。
先生曰く「そうやってブームになった食べ物が注目され続けることがありますか?バランス良く食べ続ける、それが一番大切なことです」、荒井先生のおっしゃることはシンプルですが一貫性があり大事なことをたくさん教えて頂きました。

荒井先生が栄養について教えて下さった言葉は人生にもそのまま当てはまると思います。
しばしばびっくりするような特効薬が求められる時代です。人生が劇的に変わる偉人の言葉とか、心が一瞬で聖くなるような感動の話しとか、雷に打たれるような劇的な発見とか、、、でもそういうことで人生が大きく変わったと言う人はあまりいないと思います。
ネットをボンヤリ眺めながらたまたま手に入った情報で自分が別人になれるような感動を味わって、でもたまたま手に入った物というのはそれ相応のこととしてしか人生には意味を持ちません。

「食事はバランス良く」、これくらいの言葉ならレタスとキャベツの違いもおぼつかない私でも言えそうなことですが、こういうシンプルな言葉を何十年栄養学について研究し続けてこられた先生がおっしゃるからこそ意味があるし、説得力・影響力が生じるのです。

特効薬が求められる時代です。仕事も、勉強も、子育ても、夫婦関係も、健康も、特効薬を直ぐ探し始めてしまいます。私が教会でお受けする相談も、どんどんそのような傾向が強くなっているように思います。
一度お会いしてそこで何か自分が変われそうな劇的な何かをもらえないだろうか、と...。
でもそういう期待に応えようとは思いません。その期待を諦めることから人生の方向転換は始まるのです。
そして劇的な物には必ず反動や弊害があることも忘れてはいけません。細かい説明を省きますが、それは依存症の心理です。
劇的な経験は直ぐに効果を失い、更なる劇的な物を求めたくなり・・・、そうやって劇的な何かに依存することでしか人生を支えられなくなり、人生の目的が「劇的」を得ることにすり替わってしまいます。

ですから、特効薬を求めたくなる方がまず認めなければいけないことは、特効薬では人生は変わらないということ。「バランス良い食事。それを続けること」、という荒井先生の実に単純で地道なメッセージ、でも確かにその通りなのです。
何かの特効薬で、自分の暗部を誤魔化そうとするのではなく、その暗部を認め続け、そこに必要な物を与え続け、自分にとってマイナスになるものを取り除いていく。
そうやって10年、20年、、、バランス良い食生活が生涯に渡って求められるように、バランスの良い心の栄養、人生の食生活を考え続けていく。
本当に必要なものは一時的な特効薬ではありません。生涯に渡って自分に与え続けるべきものを見つけること。そして、それを続けていくこと。まずはそれが出来ない自分を認める所からはじめてみませんか。

「わたしはいのちのパン」とおっしゃったイエス様のことばを教会が語り続け、またそこに集まってくる方々が毎週聴き続けいく理由はこんな所にあるのです。

川奈聖書教会は掛け替えの無いたった一度のあなたの人生を応援しています!
日曜礼拝 午前10時半から12時
火曜礼拝 午後7時から8時 どなたでもお越し下さい。

posted by pastoryama at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410340907
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック