2014年11月07日

反抗期のお子さんを愛するあなたへ

子どもたちの遊びの定番と言えば“かくれんぼ”。我が家の子どもたちも、教会の子どもたちもかくれんぼが大好きです。
そして、赤ちゃんが最初に覚える代表的な遊びは“いないないばぁ”ですね。この二つの遊びは「隠れる」ことと「見つける」こと、という共通点があります。
デビューコンサ2ート.jpg
代表&指揮を務めるストリングアンサンブル伊豆のコンサート、大盛況でした。応援感謝<(_ _)>

かくれんぼはオニに見つからないことを目指す遊びですが、しかし子どもたちが本当に求めていることは見つけてもらうことではないでしょうか。ぜったい見つからないような場所に隠れている自分を探してくれる、見つけ出してくれる存在がいることを遊びを通して体験し喜んでいるのです。
逆に見つけてもらえなかったかくれんぼというのはとても悲しいものです...。

時に子どもはあえて親を悲しませることをします。親を困らせ、親を非難し、親への怒りを露わにします。
子どもはそうやって親を苦しめることによって、親が自分に無関心になり、自分を見捨ててくれることを望んでいるのでしょうか。もしそれで親が子に無関心になってしまうのであれば、それは探してもらえないかくれんぼと同じではないでしょうか。

時に子どもが親の前から姿を消してしまうようなことさえ起こります。けれども、だからと言って居なくなった子を「もう知らぬ。親子の縁もこれで切れた」と見捨ててしまうなら、それもやっぱり探してもらえないかくれんぼと同じことなのです。
どこにいるのか分からない、何の連絡も無いお子さんのことを思う親の気持ちはどんなに辛いものでしょうか。でも、そうやって一方的に出て行って、どこにいるのか分からない子どものことを思い続け探し続けてくれる親の愛を力にして、子どもは生きているのです。

激しい反抗期の子どもさんの言動・行動に戸惑い苦しむことがあるでしょう。
その時にぜひ“かくれんぼ”を思い出して下さい。子どもさんは難しい場所に隠れて見つからないことを望んでいるのではありません。
愛せるはずが無いと思えるような自分を現わし、そんな自分をなおひたすらに愛しいと思ってくれる親の愛を力にしながら、子どもさんは思春期の嵐の中を必死に生きているのです。
だから、見つけることよりも、探し続けることが親の仕事なのだと私は思います。

川奈聖書教会はあなたの子育てを応援しています!
44-1728
Email kawanachurch@ybb.ne.jp


posted by pastoryama at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。