2014年10月28日

Gen・hatさんの個展にお邪魔して

日本シリーズ真っ最中ですが実は私ライオンズファンです。
生まれも育ちも相模原の私がなぜライオンズファンなのか、、、と言いますと答えは簡単。小学校低学年の頃、父親がライオンズの野球帽を買ってくれたからです。なぜライオンズだったかは覚えてませんが、やがてこの帽子が「ライオンズ」という野球チームの帽子であることが分かって以来、野球というと私はライオンズを応援しています。
当時西武ライオンズは黄金時代。石毛、秋山、デストラーデ、清原、辻、伊東、東尾、工藤、渡辺、郭、潮崎と、鬼のようなスターが揃いに揃ってムチャクチャ強かったしカッコ良かったです。
何度か西武球場に応援に行きました。5年生の時に友達と二人で片道2時間くらいかけて電車で応援に行ったのは物凄く楽しい思い出です。そこでお小遣いで「郭泰源」の下敷き買ったのも忘れられません。。。

10626631_920928714602776_888964404885654474_n.jpg

なぜそんな話しかと言いますと先日Gen・hatさんの帽子の個展を拝見してきたからです。帽子の個展って生まれて初めて拝見した訳ですが、一つ一つ個性的でぬくもりのある帽子を拝見しながら、帽子について考えていて思い浮かんだのが上記のエピソード。
「帽子と言えば西武ライオンズだよなぁ〜」と。毎日ライオンズの帽子被ってたんですよね。。。
色々な帽子拝見しながら「洗う時はどうするのかな」と思ったりして、そう言えば私の野球帽お母さん洗ってたのかなぁ。見たこと無いよな。大丈夫か...」とか、どうでも良いこと考えてました^^;
ライオンズの帽子のこと思い出したのはホント久しぶりのことでした。ただの帽子繋がり...、ではないと思うんです。

大学生の時に現在の奥さんにプレゼントしてもらった腕時計があります。10数年前にそれをうっかり洋服のポケットに入れたまま洗濯に出してしまい壊してしまいました。
当時、神学生で食うに困っていましたからとても時計の修理など出来なかったのですが、伊東に来て何とかご飯は食べれるようになったので修理してもらおうと時計屋さんに持って行ったら「これ直すのは止めときなさい。新しく買った方が安いよ」と言われてとても悲しい思いをしました。
物の価値は値段だけでは無いはずです。もちろん親切のつもりで言ってくれたのでしょうが、時計屋さんであるならばこの時計がどういう時計なのか、その人にとってどういう価値があるのか、一言話しを聞くべきだったと私は思っています。

私はファッションにまったく無頓着な人間で全然分からないのですが、Gen・hatさんの帽子を拝見しながら自分の大切な感情が不思議とよみがえって来たのは、きっとGen・hatさんの帽子に心があるからなのだろうと思います。
人は人格的な存在です。ロボットとは違います。心はお金では説明できないし計れないものです。
そこが分からなければ、人は豊かに生きていけないし、人を豊かにする物も生み出せないと思います。

「どうやってこういう帽子の形をお作りになるのですか?」と伺ってみました。フェルトに針を刺していくことで変化をつけていく、というようなお答えだったと思います(違ってたらごめんなさい(-.-))。
お話しを伺いながら、一針一針心を込めて刺しながら帽子に命を吹き込んでいかれる帽子作家さんの姿を想像しました。そういう心の宿った物が、人の心を動かすのではないでしょうか。私の心の中にある大切な記憶が、心の宿った帽子に触れることで動き出しよみがえって来たように思います。
家族との関わり、子育て、仕事、音楽、友人関係、色々な時々の中で、心を見逃さない生き方をしたいなと、そんな気付きを頂くひと時でした。

posted by pastoryama at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。