2014年10月18日

友達ってなんだろう?

もう秋も更けてきた頃に夏の話しで恐縮ですが、今年の夏は色々な方との出会い・再会の機会があって、とっても嬉しかったです。
FBで知り合ったおじさま方とのリアルでは初めての出会い。バーチャルな世界での付き合いをリアルに繋げるおじさま方の姿勢に感激しました。潮田さん、清水さん、ありがとうございました!
父親が牧師をしている教会の教会学校に来ていた女の子が立派な看護師さんになって10年ぶりくらいで訪ねてきてくれたり。
そしてそして、何といっても神学校で一緒に学び、一緒に遊んだ大切な韓国の友人ファミリーがわざわざ伊東まで会いに来てくれて、この再会は泣けました...。
9月に大和郡山に出かけた時にも、忙しい中関西にいる神学校のクラスメートファミリーたちが会いに来てくれて、とても嬉しかったです。
写真 2014-08-25 23 23 25 25.jpg


私はどちらかと言うと友達付合いが悪い人間と見なされるタイプでして...。友達を誰よりも大切に思っている“つもり”なのですが、そう受けとめられないことも割と多かったかもしれません。
原因ははっきりしていて、ベタベタするのが嫌いなのです。
仲間内でチョコチョコ集まるとか、常に一緒に行動するとか、そういうのが嫌いでむしろ自分と違う人や、自分が足場を置く場所とはちょっと違う所に入っていくとか、そういうことを好む妙な性格をしているようです。

この夏、韓国の友人と神学校卒業以来12年ぶりに再会し、他のクラスメートとも数年ぶり〜10年ぶりくらいの再会だったのですが、その再会の時間を通して彼らが私にとって掛け替えの無い友人たちであることを改めて思い感謝しました。
彼らの中に10年経っても全然変わらない場所がちゃんとあって、でもその場所を軸にしながら着実に成長していて、当然それには沢山の苦労があっただろうことが想像できて...、そういう友が居てくれることが私にはホントにありがたいことですし、彼らに限らず素晴らしい友人たちに支えられている自分であることを実感しました。

神様は一人一人に異なった使命を与え、生きる場所を与え、向き合うべき課題を与えて下さいます。人生はそういう面で非常に孤独なものだと思います。
それゆえともすると、私たちは自分が向き合うべき孤独を一緒に受けとめてくれる、一緒に手を繋いで生きてくれる存在を求めてしまい、それを受け入れてくれる人を「友達」と誤解してしまうのではないでしょうか。
けれども本当の友達とは、それぞれが向き合うべき課題に、向き合うべき場所で苦闘しながら、その使命に生きている人。お互いにそのことを信じ合える関係性なのではないかと思うのです。

人間はみんな弱いです。一緒に居てもらうことが必要な時、話しを聴いてもらい、慰めてもらい、励ましてもらうことが必要な時が誰にでもあります。もちろん私もそうです。
でもそれは、自分が神様から与えられている場所にまた出ていくために与えられる一時の休息です。
その慰めの場所にずっと留まっていたい、いつまでも一緒にいたい、一人は嫌だ、そういう関係性は本当の意味での友情ではありません。

あなたの経験している困難は大きいものだと思います。あなたにしか分からない辛さや苦しさ、恐れ寂しさがあるでしょう。でもそこにこそ、あなたが生かされている特別な意味があるのです。
大きい小さいなどありません。その場所で懸命に生きているあなたの人生は掛け替えの無い、尊い意味を持った人生です。
そして、同じように他の誰にも分からない困難を背負いながら生きている人があなたの周りにいるはずです。そのことをお互いに信じ合える関係性は、私たちが自分の人生を生きる上で大きな力になるのです。

一生懸命生きているあなたを応援しています。そして私も、自分の生きるべき場所で神様から頂いている使命にこれからも全力で生きていこうと思います。
一生懸命なあなたを、私は大切な友だちだと思っています!


posted by pastoryama at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407356526
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック