2014年10月04日

退屈な人生の原因は?

伊東大田楽を観賞してきました。
今回は一般参加のお子さんたちも居たのでとっても賑やかでした。何の分野でも子どもたちが一生懸命取り組んでいる姿は良いものだなと改めて思いました。
ぜいさん夫妻のお嬢さんがいつも熱心に練習しておられて、最近良く大田楽のステージを見させて頂くのですが、あの単純なメロディとリズムの繰り返しの中に生まれてくる深遠な世界は癖になります。今や大田楽ファンです!

写真 2014-10-04 16 00 25.jpg

クラシック音楽は基本的に同じことの繰り返しをしません。同じフレーズであっても二度目であることの必然的な変化というのを必ず表現するのです。
繰り返しといえばラベルのボレロが有名ですが、同じフレーズの中にこそ壮大な変化が表現されていきます。
https://www.youtube.com/watch?v=3KgpEru9lhw(←関係ないですがこのボレロは面白い)
一方大田楽のような音楽は、むしろまったく同じように繰り返される音とリズムの中にこそ美を見るのでしょう。延々と続く同じことの繰り返しの中に不思議と馴染んでいき深まっていくリズム・メロディが実に心地よく退屈しません。
それは恐らく、変わらない音楽の中でその音楽を受けとめている私自身が変化していくからです。同じことを経験している中で、自分自身が変化し、同じ音楽が受けとめる私の変化の中で新しい意味をもつようになる。
西洋音楽と東洋音楽のアプローチの違いのようなことを考えていました。

私たちの人生も同じではないでしょうか。
ともすると「単純な毎日の繰り返し...」と日々の生活をつまらないものと文句を言ってしまうことがあります。
毎日同じ時間にご飯を作って、洗濯機を回して、掃除機をかけて...。毎日同じ時間に起きて、ご飯を食べ、満員電車に揺られ、会社に着き...。
そうやって同じことの繰り返しに満足できなくなった時に、詰まらぬ変化に心を奪われ自分を支えてくれている変わらない大切なものを粗末にして、人生を傷つけてしまいます。

人生を退屈してしまう原因は変わり映えしない日々の生活や周囲の人々にあるのではありません。変わることができない、成長出来ない自分が居て、同じ事柄の中に新しさを見出すことが出来ていないのです。
同じことの繰り返しの中でも自分自身が成長していけば、そこにはいつも新しさがあるはずです。
楽器でもスポーツでも、何をするにも反復練習は大切です。例えば、フルート初心者の家の長女が取り組んでいると同じ基礎練習曲をフルーティストの義妹は今もこなしているそうです。
同じ練習であっても、演奏する本人が成長することでその練習が益々深い意味を持つということでしょう。

今日が、明日が、退屈な変わり映えしない一日であるか、はたまたワクワクするような新しい一日であるか、そこに生きる私たち自身が問われていることを受けとめることができたら、それだけで私たちの人生は前に進み始めるものです。
たった一度の掛け替えの無いあなたの人生が素晴らしいものとなるように、川奈聖書教会はあなたを応援しています!
牧師とお話ししたい方はE-mail kawanachurch@ybb.ne.jp 44-1728 気軽に連絡下さい!

posted by pastoryama at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。