2014年04月19日

親だって助けを必要としている

子どもたちが犠牲になる痛ましい事件は今や報道で耳にするだけではなく、皆さんの身近でも様々に起こっているのではないでしょうか。
辛い状況に置かれているお子さんに接する時に私たちがしばしば感じることは気の毒な子どもさんへの同情と共に親御さんに対する怒りかもしれません。
けれどもどんなに深く子どもさんに同情し愛情を持って関わったとしても、親御さんに怒りを燃やしてしまっては中々有効な援助をすることはできません。

無題.jpg

例えば自分の子どもが教会でどんなに大切にされていたとしても、当の親が自分は教会から嫌われているとか非難されていると感じるならば、我が子を教会に送りたくはなくなるでしょう。
子どもさんを愛するということは、その子どもの親御さんをも愛する思いが無ければ機能しないのです。

よく聞く話しですが、子どもの問題行動が顕著になり親御さんが相談所などに行くと、相談員の方から子育ての問題を手厳しく指摘されて帰ってくるということがあるようです。
子どもさんの問題の原因を見つけることはそんなに難しいことではありません。例えば“親の子に対する愛情不足”“一緒に過ごす時間の不足”などなど、ある程度経験のある相談員であれば子どもさんの問題からその原因を見抜くことは容易です。でも、正解を出せば問題が解決する訳ではありません。何の役にも立たない正解って沢山あるのです。

家族療法の中で「直線的認識論」と「円環的認識論」という考え方があります。 仮に娘さんが母親に対して極度に依存的で様々な問題が起こり、困った母親が娘の相談をしに来たとします。そうした時に、直線的認識論で娘さんの問題を考えると想定される原因の一つは「母親の過保護、過干渉」でしょう。
でもこの推測が当たっていたとしても恐らくこれは“役に立たない正解”に終わるだろうと思います。正しい原因を指摘されてもお母さんには何の変化も起きないのです。

一方、円環的認識論で考えた時にお子さんの問題の原因として「母親の過保護・過干渉」は結論にはなりません。更にもう一歩踏み込んで、ではなぜ母親が娘に対して過保護になってしまうのかを考えるのです。
そこで次に見えてくるのは、母親とその夫の夫婦関係の問題であるかもしれません。夫婦の間に大きな溝があって母親は妻としての寂しさを抱えている。そこで本来夫に向うべき感情が行き場を失い、母親の寂しさが娘への過保護・過干渉に繋がっている。
そうすると、子どもさんの問題というのは直接的に子どもさんにアプローチするよりも、むしろ親御さんの夫婦関係を修正することで結果として解決していくことだと見えてくるのです。
そうした時にお子さんの問題よりも、お父さん・お母さんの夫婦関係の修復を援助したりその痛みに耳を傾けたりという関わりが優先されるのかもしれません。

家族の問題に関わらず、私たちは何か受け止めがたい出来事があると直ぐ直線的認識論によって犯人捜しをし、犯人を徹底的に非難して正義を晴らしたかのように錯覚します。でもそれはあまり意味のないことです。
犯人を見つけ、意味のない正解を突き付けて憂さ晴らししても、それでは何ら苦しんでいる方の力にはなれません。苦しんでいる本人だけでは無い、その周囲に居る方々をも愛し受容しサポートしていくことの中で、結果として問題が少しずつ解決に向かっていくということが起こるのです。

もしかして、支援を必要としているのはあなたのお子さんではなくあなた自身なのかもしれません。
川奈聖書教会の「子育て 教育相談室」は子どもさんの問題解決だけではなく、相談下さる親御さん自身を支援させて頂きます。
40年近い教師歴を持つ浦島さんと牧師山口が全力であなたを応援します!
気軽に連絡下さい(*^_^*)
Tel 44-1728 Email kawanachurch@ybb.ne.jp

posted by pastoryama at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。