2014年03月28日

親子ゲンカのNGワード

お子さんが大きくなってくると段々お子さんと本気でケンカしてしまうようなことがあるかもしれません。
あまり頻繁なのは不味いですが、親子喧嘩自体はお子さんの成長過程で避けられないことです。
ただ、親子喧嘩のNGワードはいくつかあります。NGワードの代表選手の一つは「誰のおかげでご飯が食べられると思っているのか!」です。この言葉、止めましょう...。

写真 2014-03-20 19 20 15.jpg
おかげさまで14回目の結婚記念日を迎えることが出来ました。夫をさせてくれている妻に、父親をさせてくれている子どもたちに、そして誰よりも神様に感謝を忘れずにいたいと思います。そして支え祈って下さる皆様に感謝


ケンカにはケンカのルールがあります。素手の相手に刃物を使うのはルール違反ですよね。
子どもの言葉にカチンとくることがあるでしょう。親だからと言っていつも平静を装う必要はありません。親にだって言われたら嫌なこと、悲しいこと、聞き流せないことがありますから、そのことは表現して良いと思います。
ただケンカするなら、正々堂々ケンカして下さい。
親が子どもに“誰のおかげでご飯が食べられるのか”という言葉を使うのは、素手の相手にナイフを突き付けるのと同じです。これではケンカになりません。
子どもには返す言葉がありませんので、そう言われたら従うほかありません。
けれども、このような言葉で子どもを押さえつけることをしていると、その関係は親子関係ではなく主従関係に変質してしまいます。

厳しいようですが、親御さんは自分自身に問いかけなければなりません。“誰のおかげで親をさせてもらっているのか”と。
子どもは自分で決断して親の下に生まれてきたのでは無いのです。子が「親の子」であることは、子の責任ではありません。
しかし、親が「子の親」であることは親の責任です。親は望んで子の親になったのです。そして親とは子どもが自立するまで、子どもに必要なものを提供する責任があります。
そのような親としての責任を承知の上で親になったにも関わらず、自らの責任を子に負わせるようなことを口にするのは不味いですね。

子どもは親が思うよりもずっと非力です。このように言われたら子は従うほかありません。けれどもそこで考えるでしょう。
「親に食べさせてもらっているのだから、親に従わなければならない」、それは裏を返せば「自分で食べられるようになったら親などもういらない」ということです。
親の子であるならば、何歳になっても子は子です。けれども親の奴隷であれば、やがて親との繋がりは失われるでしょう。
いや、実際にはやっぱり親子の縁はそう簡単には切れません。親を捨てることなど子には中々出来ないことです。
しかし、親を親として素直に愛することが難しくなってしまいます。いくつになっても親との関係に迷い悩み苦しみ。愛したいと思いながら愛せない。近づいたり離れたり、優しくしたり罵ったり...。
そういう親子の関係性の歪みを後になって修復するのは容易なことではありませんし、現にこのような悩みを抱えておられる方がたくさんおられます。

親が親であり続けるためには、親としての責任を負わなければいけません。そうすることで親としての喜びを味わうことができるのです。
これは親に限ったことではありません。
しばしば同等であること、同じ目線であることが美徳のように言われます。友達のような親子、友達のような上司・部下。友達のような教師・生徒。
けれども同等・同じ目線を目指す前にまず考えるべきことは責任です。
「同じ目線で」という理想は分かりますが、そもそも立場は同じではありません。もし社長が従業員と同等であるならば、従業員に社長と同等の給料を出すべきですし、教師と生徒が同じであるならば教師は無給であるか、生徒は教師と同じ給料をもらわなければいけません。
同等ではありませんから、当然責任はより重たいのです。同等では無い責任をしっかりと負いつつ、なお同じ目線・同じ立場でものを考えようと努力するならばそれは素晴らしいことです。
しかし責任を回避し、同等だけを主張するのはただの甘えですし、弱者にとっては暴力的な印象さえ受けるでしょう。

親と子は立場が違うのです。ですから、親の責任を放棄するような言葉を子どもに発していたら、親であり続けることは困難になってしまいます。
子であることの責任は子にではなく親にある、この場所をしっかり押さえながら良い親子喧嘩をして下さい。

そうは言っても親は親なりに苦労があり、分かっていても負うべき責任が重たすぎるということはあるでしょう。
その時には、相応しい人に相談すべきですし、相応しい人に助けを求めるべきです。あなたを応援している人が必ずあなたの傍にいます。
教会もあなたを応援しています(^^)/ いつでもご相談下さい。
kawanachurch@ybb.ne.jp 44-1728 川奈聖書教会
posted by pastoryama at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック