2014年02月27日

家庭におけるタブーの話し

皆さんが自分の子ども時代を振り返った時、子どもながらに案外色々なことに気付いていた、知っていたということがあるのではないでしょうか。
ご相談を受ける時に割と良くある話しは「実は私が子どもの頃、私の両親は○○のようなことをしていたのです。でもそのことには触れてはいけないことになっていました」みたいなことです。
社会で生きる顔と家庭の中での顔がまったく同じということはありません。
牧師ななどは正にそうですが、教師など社会で模範的であることを期待される職業の方は特に、家庭の内と外でのギャップが大きいということが起こりやすいようです。

社会的に非常に尊敬され理想的な人として見られている方の家庭の中に深い闇があるということはしばしばあることです。
多少外と内でのギャップがあっても、子どもが「家のパパは教会では○○だけど、家では○○だよ(笑)」くらいのことを言えれば良いのですが、「家の父は教会でも家庭でも常に信仰深く完璧です」みたいなことしか言えない、言ってはいけないと育てられているお子さんの内面はどのようなことになるでしょうか。

1552811_741758872502740_17714111_n.jpg
“子育てともとも”も相談するのに最適の場所。お子さんを観て下さるスタッフも居ますので気軽に声をかけて下さい。リトミックの本多先生のご指導も素晴らしいですよ(^^)/写真左が本多先生、右は牧師(わたし) ともともは2月28日・3月14日午前10時から。。。

これはタブーの問題です。4人家族であれば4人が家庭の中で確かにそのことを見ているのです。しかし、それは存在しない、無かったことに・見なかったことに・口にしないようにしようと、暗黙の了解が作られていきます。
例えば父親が浮気をしていて、それは家族全員が知っていることであるけれども口にすることが出来なかったとします。良い家庭であることを演じながら、傷ついた家庭を誤魔化して生きるということは子どもにとって大きな負担、ストレスです。
あたかも足に大きな怪我を負っていながら、健康を装い皆と同じように行動し続けているようなことですから。当然どこかでその無理が現れます。

更に、子どもの立場に立って考えてみましょう。
目の前におかしなことが起こっている⇒しかしそれを口にすることは許されず、何事も無いかのように偽って生きることを求められる⇒大きなストレスを抱える

この大きなストレスを抱えているサインはそれぞれの子どもが必ず何がしかの形であらわします。子どもがしまい込み消化してしまう、ということは決してありません。
例えば、身体的・精神的・性的な行為におけるストレスを子どもが受けながら、そのことを拒否したり、訴えたりすることが許されなかったとすると、ごく単純な可能性として、学校などの場で自分が受けている行為と類似する問題行動を起こす可能性が高くなります。
親に叩かれている子どもが、学校で友達を叩いてしまうとか、家庭で目を向けてもらえない子どもが、学校で友達を無視するとか、類似の行動で抱えているストレスを発散しようとするのです。

しかし、それで子どものストレスが解消する訳ではありません。
ある専門家は「すり替え欲求」という言葉を使うのですが、親から受けた暴力を友人を叩くことで解消しようとしたとします。欲求をすり替えたのです。
けれども、すり替えていますから当然真の充足はありません。いやむしろ、すり替えられることで益々ストレスは増幅し、そのすり替え行為が繰り返されエスカレートするようになっていきます。
こうして依存症や嗜癖と言われる問題が生じてきます。

聖書の中に「隠れているもので、あらわにならぬものはなく、秘密にされているもので、知られず、また現れないものはありません。」と書いてあります。
隠すことでは問題は絶対に解決しませんし、やり過ごすことはできません。もし一時的に通り過ぎることが出来たとしたら、その問題は数年後遥かに大きな問題になって帰ってくるでしょう。

第一歩は話すこと。相談することです。信頼できる人に恥ずかしくても、心配でも相談して下さい。
隠されてきた問題に光が当たる、それだけですでに解決への大きな一歩を踏み出したことになるのです。
あなたにその問題を解決する力は無かったとしても話すことは出来ます。そして、話すこと・相談することはあなたの大切な責任です。

教会にも遠慮なくご相談下さい。子育て相談、教育相談、無料でお受けします。電話44-1728 kawanachurch@ybb.ne.jp
そしてぜひ礼拝に足を運んでみて下さい(^^)/
日曜礼拝 AM10:30-12:00 火曜礼拝 PM7:00-8:00

posted by pastoryama at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごく分かりやすかったです。
家庭では子どもは親の顔色をうかがうのではなく、のびのびと育って欲しいです!!
メッセージありがとうございました。
Posted by 高橋美香 at 2014年02月27日 06:44
美香さん いつもご愛読下さってありがとうございます!(^^)!
完璧な家庭なんか絶対無いですし、欠点の無い親なんていないですよね。そこで、マイナス面や問題を無いことにするのではなく、でもあることに開き直るのでもなく、誠実でありたいなと思います。。。
お互い、子育て楽しみながらベストを尽くしていきましょう!
Posted by 牧師山口 at 2014年02月27日 19:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/389889290

この記事へのトラックバック