2014年02月20日

浅田選手へのエール

オリンピック盛り上がってますね!!と言いながら、全然関心が無かった山口です^^;
しかし、女子フィギュアの浅田選手のショートプログラムについて「誰がどうの」と発言を伝え聞いて、自称「頑張っている人の応援団」としては黙っておられません。
急ではありますが...、しかも私が急いでもどうしようも無いのですが...、それでも居てもたってもおられず伊東の地からブログを通して浅田選手へエールを送りたいと思います!

6186_518142901531006_599551519_n.jpg
オリンピックが始まる前から下の娘が「まおちゃんに似ている」と言われてました!! ごめんなさい…

今は牧師をしておられる小坂忠さんというシンガーソングライターをご存知でしょうか。
彼がおつくりになった「勝利者」という名曲があります。
1984年のロサンゼルスオリンピック女子マラソンで、脱水症状に苦しみフラフラになりながら必死にゴールを目指したアンデルセン選手の姿に感動して生まれた曲だそうです。
出だしの歌詞はこんなです。
「何が苦しめるのか 何が喜びを奪い去るのか 
心の中にはいつでも 嵐のような戦いがある
勝利者はいつでも 苦しみ悩みながら それでも前に向かう



某氏の発言を聞いてカァァァ!!ときました。
一瞬Facebookに某氏の悪口雑言を書き連ねようかと思いましたが、止めました^^; 多分、自分の中にもああいう短絡的に人を判断したくなる愚かさ・醜さがあるからこそカチンとくるのだろうと思います。

結果なんかどうでも良いとは思いません。それは4年間必死に努力してきた浅田選手に失礼でしょう。
良い結果、それは順位以上に自分に出来る最高の演技をしたかったという、そういう意味での結果を求める思いは強かったと思います。ショートプログラムが終了した現時点ではどんなに悔しい思いをなさっているでしょう。

それでもやっぱり、一つの結果だけで価値を決めてしまいたくはありません。
ニュースではフリーのプログラムに向けて懸命に練習している浅田選手の姿が報道されていました。素晴らしいです。
最後まで自分のベストを尽くそうとする姿勢。そうやって4年間頑張ってこられ、今最後まで頑張り抜こうとしておられるご姿勢。これぞオリンピック選手、尊敬に値します。
金メダルの表彰式より自分の子どもに見てもらいたい、学んでもらいたい姿だなぁと思いました。

人生で苦しい局面の一つに、全力で懸命に頑張って、でも上手くいかない時。失敗してしまった時、ってあるのではないでしょうか。それでも最後までやり抜くこと。前に向かうこと。とっても大切だと思います。
「みんなに金メダル」とは思いません。順位付けがされるのがこの世の中。成功と失敗、合格と不合格に色分けされてしまうのが世の現実です。
そういう世の中だからこそ、メダルの色・順位・合格不合格を超える輝き、価値が鮮やかに浮かび上がるように思います。
金メダルがあるからこそ、金メダルを越えた輝きが際立つのだと思います。

浅田選手、応援してます(●^o^●)

そして、川奈聖書教会は苦しみながら、失敗しながらも前に向かっているあなたを応援しています!

posted by pastoryama at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/389286210

この記事へのトラックバック