2014年02月06日

番外編:佐村河内氏の事件に思うこと

交響曲第1番「HIROSHIMA」などの作曲で知られる佐村河内守氏の主要作品の大半が実は作曲家・新垣隆氏によるものだと分かった事件が連日大きく報道されています。
彼らの行為の問題性は明らかです。特に聴覚障害、被爆二世、こうした弱者を装ったやり方はあまりにも悪質です。ただ、ある特定の人の問題として片付けるのではなく、そのことを生みだした要因をそこに関わる人々が直視することは大切だと思います。
そういう意味で音楽に関わる方々や愛好家がプロアマ問わず率直にこの事件について自分の言葉を発していく必要があるように思います。
私というクリスチャンのアマチュア音楽家が感じたこと、考えたことを自らのブログにまとめたいと思います。

名称未設定 1 コピー.JPG

私はテレビをあまり観ないこともあって、佐村河内守さんの音楽は幾人かの方の紹介でyoutubeで観たくらいでそれ程詳しく知りません。
漠然とした感想として「聴きやすい音楽だな」と思ったこと。そして現代に生きる作曲家がなぜこういうジャンルで曲を書くのか若干不思議に感じたことくらいで、むしろ遥かに印象的だったのは彼の持つストーリー。聴覚を失いながら、音を紡ぎだしていくというその作業。そこから生まれた曲であるという、作曲家と曲が一体化したストーリーが非常に印象深く心に残りました。
被爆二世であること、また特にも音楽をするには決定的なマイナス要因である聴覚の障害を持ちながら、いやむしろ聴覚障害を持っているからこそ生みだされてくる音楽として、彼の作品があることの意味は大きいと感じました。結局その物語が創作であった訳です…。

音楽に限らず芸術は、その作品を生みだしている人と観賞している人の人格と無関係には存在しません。人を離れて芸術作品が自立しているということはあり得ない訳で、人と人との間に音楽が存在する以上、そこに関わる人の持つストーリーが影響を及ぼすことは当然です。
ですから、新垣さんという真の作曲家が判明して今度は彼の作品としてこれらの音楽が変わらずに愛されていくかと言えば、当然そうはならない訳です。その音楽に人々が観ていたストーリーが偽物だと分かった以上、まったく違う物に変質してしまいます。

経営のプロである友人のゼイさんが良くおっしゃっていることは「伝え方」です。ゼイさんの所で勉強しておられるお肉屋さんのチラシをよく拝見するのですが、とっても美味しそうで食べたくなります。
値段や品質よりも、そのお肉を食べた人の感想。お肉をお家で調理して起こった家庭での出来事などが目に浮かぶように書かれていて思わず手が出てしまう。(実際、家族で美味しく頂きました(^^)v オススメ。。。)

で、今回の佐村河内さん事件の核心は宣伝されたストーリーが全くのインチキだったということですね。これは禁じ手です。でも考えてみて下さい。世の中、こういうことは珍しくないでしょう。
今人気のアイドルグループ、メンバーは恋愛禁止だそうです。10代・20代前半の少女たちが恋愛をしていない、そんなはずないこと誰でも分かります。
特定の恋人が居なかったとしても、恋愛感情が無い訳ではありません。無理して装っているだけ。その人本来の人格を歪めて売り出しているだけです。
しかし、演じる側も応援する側もお互いに「これは真実だ」と信じ合う。

そうやって演じる側は、本当の自分を殺して生きることで評価を得、観る側は自分を殺してファンの理想を演じるアイドルに時間とお金を使う。
虚像を演じる人と虚像を支える人、両者の間に成立する共依存関係はこの社会の縮図だと私は思います。「どちらが」ということではありません。両者が求め合っているのです。
今回の佐村河内さんの事件に、私は現代社会が持つアイドル信仰、あり得ない虚像を求める貪欲の問題を思います。だから彼が犠牲者だということではありませんが、このような偽りを暗躍させてしまう土壌は何かを考える必要があると思うのです。

私たちは劇的な物を求め過ぎるのではないでしょうか。佐村河内さんのキャッチフレーズは「現代のベートーヴェン」だったそうです。
偉大なクラシックの作曲家は沢山いますが多くの作曲家は生前それ程高く評価されていません。歴史の中で熟成されながら、巨匠としての地位を得たのであってリアルタイムでは無い。だから良いとさえ私には思えます。
現代にベートーヴェンは居ない、そのことを弁えられないわがままなアイドル信仰を私たちは反省する必要があるのではないでしょうか。

もう一つの側面について書いて終わります。
私は今教会の聖歌隊、そして市内の弦楽合奏団の指揮・指導をしています。どちらももちろんアマチュアです。技術的には未熟です。しかし、しばしば非常に豊かな音楽をそこに経験します。聖歌隊のコンサートでは毎回涙を流して聴いて下さるお客さんがおられます。
先日アマチュア合唱団のヴェルディ・レクイエムの演奏をDVDで拝聴しました。オケはプロです。しかし、そこで圧倒的に印象に残ったのはアマチュアの合唱団の演奏です。感動しました。
これらの経験を通して、アマチュアリズムということを考えさせられるのです。プロフェッショナルな方が専門性を持って突き詰めて勉強していき、結局そこで行きついたこと。専門家として提示される事柄が一般人には何ら意味の無い、意味の分からない物であるということがあるでしょう。

人と人との間に存在する音楽は、遥かに技術的に劣ったアマチュアの方々の音楽であってもそこに深い感動を生みだします。いや、アマチュアだからこそ生みだすことのできる感動があると言えるかもしれません。
一方、プロは専門性において厳しく問われます。それは当然のこととして、しかしプロフェッショナルである方がアマチュアリズムを失ってはいけないのです。高い専門性を持ちながら、一般の人々・愛好家と共有できる音楽の喜び・アマチュアリズムを持ち続けていなければ、プロフェッショナルな音楽家として本来ある意味を失ってしまうのではないでしょうか。

私は今回の出来事が、プロフェッショナルな世界において見落とされがちなアマチュアリズムと、愛好家が求めるアマチュアリズムの枠を超えたアイドル信仰と、この両者の隙間に起こった事件なのではないかと考えています。
そして、これらのことが音楽の世界に留まらない現代に共通する問題に思えてなりません。強く自戒を込めて長々と書きました。

注)全ての音楽家や全ての愛好家をこのように断定しているのではありません。この時代の大きな流れ・方向性として、また特にその中に生きている私自身を思って書きました。


posted by pastoryama at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック