2014年01月24日

「感謝される機会が少ない仕事」について

「主婦の仕事」と決めつけること自体が問題ではありますが、現実としては多くの場合奥様方が担って下さっている家事仕事。そのご苦労ってなんでしょうか。
主婦の不満として良く耳にするのは「感謝される機会が少ない」ということです。

写真 11.jpg


主婦の仕事の特徴は現状を維持する役割が多いことです。例えば掃除は小まめにしないと直ぐ汚れたり散らかったりしますから大変です。
けれども、常に掃除が行き届いていたとしても、それは必ずしも目立つことではありません。しかし汚れは直ぐ目につきます。ですから感謝されるよりも、出来ていない場所を指摘される機会が多くなります。
ご主人が朝起きて会社に行くまで家に居て、夜仕事を終えて帰ってきて、その間綺麗に掃除がされていてもそれは「朝と夜と部屋が同じ状態にある」というだけのこととして映りがちです。
いつも電球が切れていないというのは管理が行き届いたことでありますが、「今日も電球が切れていないな」と目を留められることはほとんどありません。しかし電球が切れていると直ぐ目につくのです。
現状を維持する仕事は、そのことがしっかり為されている時には気づかれ辛く評価され辛いものであり、しかし出来ていない場所があると指摘されやすいものです。

どんな仕事にもその仕事固有の苦労があるものですから比較することではありません。
目に見えて結果・成果が現れる仕事と現状を維持する成果が見え辛い仕事と、双方の役割分担があって私たちの生活が支えられていることを忘れないでいたいものです。

新しく生み出されるもの。変化し成長していく物ももちろん大切ですが、昨日と変わらずに今日も存在してくれているもの。明日も今日と変わらずに存在してくれているもの。そういう「日常」と呼ばれる事柄の中に私たちの生活の土台があり支えがあります。
その場所を足場にして家族みんなの生活が成り立っています。
私たちにとって一番大切なものは、新しく手に入れたものではなく、日々変わらずに居てくれる存在や物事の中にこそあるのです。

今日太陽が昇り沈んだこと、月星が輝くことに感謝を覚えたでしょうか。それよりも、思い通りにならない事柄への不満の方が遥かに大きいでしょう。
評価されないお仕事で不満を抱えている方に知って頂きたいことがあります。現状を維持するお仕事の達人、しかも誰よりも評価されない方が居ます。それは神様です...。
こんなに素晴らしい世界を保って下さっている神様はしかしほとんど感謝されることはなく、むしろ思い通りにならないと文句ばかりを言われます。それでも昨日も今日も、そして多分明日も、私たちの生活を支え続けて下さるのです。
神様が整えて下さっている素晴らしい被造物を踏みつけ壊していくわがままな私たち人間を愛し、喜んで支えて下さるのです。なんとありがたいことでしょうか。

感謝されないことの悲しみを抱えておられる方も、感謝に欠けていたと反省される方も、私たちの生き方が変わっていくために一番大切なことは、私たちの人生をもっとも深い場所で支えて下さっている神様への感謝を持つことです。

川奈聖書教会は聖書を通して感謝する人生を、本当に大切な物を尊ぶ人生をお伝えしています。
礼拝に足を運んでみませんか!
日曜礼拝 AM10:30-12:00 火曜礼拝 PM7:00-8:00
電話44-1728 kawanachurch@ybb.ne.jp

posted by pastoryama at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック