2013年09月28日

本当に必要とされる援助者って?

ハラスメントや性被害の問題に関わる時にしばしば出くわすのは二次被害です。
特に良く起こってしまうことは、被害者が力を振り絞って自分の被害を第三者に伝えた時に、相談した人から「あなたにも落ち度があった」などと非難されてしまうこと。こういうことを「被害者非難」と呼びます。
ただでさえハラスメントの被害にあって傷つき痛んでいる方が、信頼して相談した人にこのような言葉を浴びせられる時、そこで感じる痛みはあまりにも深いのです。

例え被害者に何らかの落ち度があったとしても、被害にあってショックを受けている方をその渦中で責め立てて何の益があるでしょうか。まずはその方の悲しみを受け止め、その傷が癒えるのを待たなくてはいけません。
大けがで瀕死の重傷をおって病院に運ばれて来た人に「お前は不用心だ!」と怒鳴りつけてみても仕方が無いのと同じです。けれどもしばしば傷つき助けを求めている被害者をなお傷つける言葉を私たちは吐いてしまいます。なぜでしょうか。

DSC_0321.JPG

「あなたにも落ち度が...」と言ってしまう方も、決して悪気があるのではありません。むしろ、その方の辛い気持、痛みを真剣に感じ取っているのです。だからこそ、相手の状況が余りにも痛ましく思え、受け止めきれなくなってしまいます。
“こんな酷い出来ごとが目の前にあるのに何もできない自分の無力さが許せない”、そこで思わず「あなたも悪い」という言葉で、自己防衛。自責の思いを回避したくなってしまうのです。

こういうことは生活の場でも起こることではないでしょうか。
私は牧師という仕事柄、中々出口が見いだせないような問題・状況の中にご一緒させて頂くことがあります。
例えば、ご家族皆が精一杯のことをしている。関係者も出来得る限り協力してくれている。けれどもどうにもならない問題。出口が見えない困難。そういう中にいると、段々その苦しい状況が受け止めきれなくなってきて犯人探しをしたくなるものです。「あの人が悪い、このことが悪かった、あの時のせいで」などなど。
そしてまた、そういう犯人探しをしたくなる人の心に付け込んで「○○のせいですよ」などとささやいてくれる、悪しき輩も世の中に居るのではないでしょうか。

皆が全力で関わってもどうしても答えが出せない苦しみの中に、牧師の私が関わって何が出来る訳でもありません。正直なところほとんどの場合無力です。ただ、何も出来ない私が黙ってそこに居る、居続けることで結果的に何がしかの意味を持つこともあるようです。
受け止めきれない、答えが出せない問題。誰かを非難しないではおられない、責任転嫁をしたくなる状況。けれども、それをしてもご本人が楽になる訳ではありません。
それをせず、無力な自分を弁えながら共に在ることによって、被害者の方が一人では抱えきれない問題を少しであっても一緒に抱える事。支える事が出来るのかもしれません。
時には「あんたは何の役にも立たない。あんたに何が分かるか。あんたのせいで」と非難されることで、渦中にある方々の抱えきれない思いの一端を担わせて頂ける、助けとなれる。そういうこともあるように思います。

自分が何かをすることで助けられるならそれが一番嬉しいこと。けれども、本当に助けが必要な状況とは、誰にもどうしようも出来ない問題の中で、共に苦しみ・一緒に途方に暮れながら、なおそこに居続けてくれる、そういう人なのかもしれません。

川奈聖書教会はあなたと共に在ることを願う教会です。
気軽に連絡下さい。
44-1728 E-mail kawanachurch@ybb.ne.jp

posted by pastoryama at 20:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごく心に響きました。
誰にもどうしようも出来ない問題って、ときにありますよね。
そんな時は、お祈りしかないのかな、なんて思ってしまいますが、こんな考え、安易ですか?

困難に出会ったこと、私もあります。
それは3年ほど前に体調を崩してしまった時のことです。仕事も一時辞め、忙しさをセーブする事で良くなりましたが、その時は家族みんなに迷惑をかけました。でも家族みんなで支えてくれました。クリスチャンでもない夫の両親や私の父、そして夫が共に祈ってくれました。そして私の所属する教会の牧師先生夫妻も祈り続けて下さいました。

ありがたいことです。
その後、私の父は洗礼を受けました。
神棚のある家庭で育った父にはあり得ないことだと思っていましたから、本当に驚きましたし、嬉しいことでした。

今日のブログは、妙に私の体験に重なって感動しました。

山口君はお仕事柄、沢山の困難を抱えている方に接しておられると思います。

またブログ読みに来ますね。
Posted by 橋美香 at 2013年09月29日 04:43
私は自分の悩みや、トラブルなどを人に相談したとき、よく自分の落ち度を指摘されて、それがとても悲しくて、でも「言いにくいことを言ってくれる人は本当はとても親切で、ありがたく思わなくちゃいけない」と思って、でもなかなかそうも思えなくていっそう落ち込む、っていうパターンがよくあって、自分に自信がもてなかったです。今日の記事を読んで、「悲しいって思っていいんだ」って思って、少しホッとしました。
そして、他の人への相談ではなくても、自分の問題を考えたりする時に、「こういう理由があったからなんだ」って、整理して楽になりたい気持が働きすぎて、やけに分析的になって、問題に向き合っているからいい、って自分で思ってしまって、やさしさや、思いやりを忘れてしまう事があるのです。今日の記事を読めてよかったです。 ウジウジ色々考える癖があって、ストレスがたまったせいか、ちょっと体調を崩してしまいました。今度の火曜日、手術をするのですが、回復したら、今までとはまた違った問題への姿勢を持って、他の誰かと、または自分自身と、一緒に途方にくれてトホホ、って言えるようになりたいです。やけに分析的になって、相手や自分をやりこめる自分をやめたいです。また回復したら、このページに戻って読みに来ます、楽しみです。
Posted by まりこ at 2013年09月29日 06:32
美香さん いつもブログを読んで下さりありがとうございます。そしてステキなコメントをお寄せ下さり感謝します!
おっしゃるとおり「お祈りしかない」、私もこれに尽きると思っています。本当に苦しい渦中では、みんな抱えきれなくなってしまい、悪気が無くて誰かにぶつけてしまうみたいなことはどうしても起こるのですが、そういう中で全てを受け止めて下さる神様にぶつける事が出来る信仰は本当に素晴らしいと思います。そこに望みがあるんですよね!

そしてまた、美香さんのお証しには苦しみをただ通り過ぎただけではなく、そこを通ったことで平時には考えもしない恵みが与えられたと。。。すごい経験をなさいましたね(^^)/
神様の為さることは、本当に美香さんのお書き下さったその通りだと思います。感動しました。ありがとうございます。
Posted by 牧師山口 at 2013年09月29日 20:50
まりこさん はじめまして、牧師の山口と申します。いつも私の拙いブログが、誰か一人のお役に立ったなら本望と思って書かせて頂いておりますから、このような丁寧なコメントを頂戴し感謝を致しました。

お書き下さったように「自分が悪いから。自分に落ち度があるから。だからこういう目に会う」と整理したくなる思いってありますね。でも、私たちは幸せになるために神様に創られ今も生かされています。ですから、辛い経験を「こんな自分なら当然」と考えず、悲しみとして正面から受け止めて下さいね。

ある心理学者の言葉をまりこさんにお贈りします。「幸福になりたくないと考えている人はいないが、自分は幸福に相応しくないと考えている人は多い」、まりこさんは幸福になるために神様に創られ今も生かされている、そのことを信じながら手術に臨んで下さい。
神様が守って下さり、新しい一歩が踏み出せるようお祈りさせて頂きました。
またの訪問を楽しみにしています(*^^)v
Posted by 牧師山口 at 2013年09月29日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376043448

この記事へのトラックバック