2013年09月21日

信じることは決断すること

怪談話で有名な「番町皿屋敷」は実は非常に深いお話しですね。最近考えさせられています<`〜´>
ご存じでしょうがまずはあらすじ。
旗本の青山播磨が召使であったお菊に恋をします。お菊は身分不相応な自分への播磨の愛に心を打たれ喜びますが、ある時播磨に身分の高いお嬢様との縁談の話しが来て不安になります。
実際には播磨はあっさりその縁談を断ってしまうのですが、お菊の心に不信が芽生え、播磨の愛を確かめたいと考えるようになるのです。 
そこでお菊は青山家の家宝のお皿をうっかり割ったようにみせかけ、しかし実はわざと割って播磨を試すのです。「もし皿を割ったことを赦してくれるなら、私への愛は本物」、と...。
青山家は大騒動になりますが、しかし播磨はお菊をあっさり赦します。お菊は播磨の愛に安心するのですが、一件落着といきません。
後になって目撃者の証言からお菊がわざと皿を割ったことがばれてしまうのです。問い詰められたお菊は「殿様の愛が不安になって、殿様の心を試してしまいました」と答えます。この言葉に播磨は怒ってお菊は切り捨てられてしまうというお話です。

sarayashiki_r3_c1.jpg

今日は怪談話を皆さんと味わいたいのではなく^^;、、、「信頼」について考えてみたいと思います。
「信じる」ためにしるしを求めてはいけないというお話しです。
例えばあなたが恋人をどうしても信じることが出来ず「あなたの愛のしるしを見せて」と要求したとします。それで相手が5万円のネックレスをプレゼントしてくれました。それであなたは安心し相手を信じられるでしょうか。
一時的には安心するかもしれません。しかし、またちょっとしたことから不安になり新しいしるしが見たくなります。「もっと確かなしるしを見せて」、それで今度は10万円の指輪を相手はくれました。でもそんなことしても、またその内何か起これば不安になって、不安解消のためにしるしを求めるでしょう。

お菊はしるしを求めました。では、お皿を割った自分を許してくれた播磨を見てお菊は完全に信じられるようになったのでしょうか。いえ、きっとその内また不安になったと思います。なぜなら、お菊にはもう十分なしるしがあったからです。
播磨が身分の高い女性との縁談を断って自分との愛を選んでくれた、ここがお菊の信じ所だったのです。そこで信じられなければ、幾つしるしを得てももう信じることはできません。

プレゼントに限らず、○○をして、○○を犠牲にして、そうやって信じる為のしるしを相手に要求されそれがエスカレートしていくということは実は案外良くある話しです。

相手の愛を試したり、愛を確かめる為のしるしを求めてはいけません。
もしそのような関係に陥っている方がいたら、厳しいようですがそれは愛の関係ではなく依存関係だと知って下さい。その先に安心はありません。
信じる、信頼するという行為は決断なんです。相手を知る為の材料はもうこれまでの関係性の中で十分にあるはずです。それをあなたが今どう判断するのか、決断が求められているのであって、もう少し判断材料が必要なのではありません。
今、あなたがその人を信じるなら信頼が始まるでしょう。今、信じることが出来なければこの先も信じることはできないでしょう。あなたにそのことを直視して欲しいと思っています。

川奈聖書教会はあなたの掛け替えの無い人生を応援しています!
気軽にご連絡下さい(^^)/
44-1728 E-mail kawanachurch@ybb.ne.jp
礼拝はどなたでもお越しになることが出来ます。
日曜礼拝 AM10:30-12:00 火曜礼拝 PM7:00-8:00

posted by pastoryama at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック