2013年08月24日

「わたし」について考えるA

bibbia06.jpg

「わたし」について考える第二回目です。
先週お話ししましたように「わたし」によって見える世界は大きく変わってきます。
「わたし」が変化してしまう要因は色々あります。例えば、寝不足による疲れ、過去の苦しい体験と瓜二つのシチュエーションに直面すること、過度のアルコールや薬物摂取による錯乱、ホルモンバランスの変化、などなど。
また心の病によって物事が明るく積極的に考えられる時と、苦しく否定的にしか見えない時が行ったり来たりということもあります。
難しいのは、どのような自分であろうと「わたしはわたし」であるということ。第三者の目には「昨日はあの人こう言ってたのに...」と映るのですが、自分自身のことをそのように認識することは困難です。「今自分がこう感じる」という事実を客観視したり、調整することはとても難しいです。

幾つか「わたし」を安定させる方法を紹介したいと思います。参考にして下さい。
@ 一番簡単で誰でも出来る方法としておススメしたいのは日記をつけることです。なぜ日記かと言うと、読み直すことで過去の自分を客観視できるからです。
自分で自分の行動や感情を見直していると色々気付きが得られるものです。「わたし」に連続性を持たせる意味で日記は非常に有効です。
FBをそのように自分自身の日記として位置付けて思いをつづるのも良いかもしれませんね。ただその場合「いいね」と「コメント」の機能は余計です...。

A かなり「わたし」の揺れが大きく生活に支障がある場合はやはり専門的な援助、お薬の服用、専門家によるカウンセリングなどを考えることが必要です。薬物療法やカウンセリングで感情の揺れが小さくなると、思考・行動に連続性が生まれますのでご本人にとっても周囲の方々にとっても一つのきっかけになると思います。

B 「わたし」の変化が大きいのは外からの影響を受けやすいということです。人の言葉や雰囲気に影響されて、そのたびに「わたし」がぶれてしまいます。
そういう時に、自分の感情に増して頼りになる存在、神への信仰は力になります。常に変わらない神に目を向けることで、揺れ動く自分を絶対視しなくなる。またはそうしたくなる時に、立ち止まって神に目を向けることで揺れ動く「わたし」を基準にする不安定から脱却していくことができます。
神を見上げることが自分の軸となり、生き方の一貫性、情緒の安定に繋がるのです。

いかがでしょうか?
「なんで上手くいかないのか!!」とイライラしているその原因は「わたし」の不安定にあるのかもしれません。出来ることから始めてみましょう手(チョキ)
掛け替えの無いあなたの人生を応援しています。
川奈聖書教会(山口牧師)
Tel 0557-44-1728 Mail kawanachurch@ybb.ne.jp

posted by pastoryama at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック