2017年08月12日

車線変更を繰り返さない子育て

夏休み、車で出かけると交通渋滞は避けられませんね。三車線くらいの道路で渋滞に合うと、なぜか隣の車線の方が早く進んでいるように見えるから不思議です。でもそう思って車線変更を繰り返して早く進める訳ではなく、実際には逆効果でしょう。別の車線に移るとまた別の車線の方が早く進むように見えてきて、そうやって車線変更を繰り返しながら自ら時間をロスしているようなもの。基本的には同じ車線をそのまま走るのが一番早いのではないでしょうか。

人生や子育ても同じです。何か物事がうまくいかない時、成果が上がらない時、私たちの目には他の車線が良く映ります。良い結果が出ないのは自分の走っている車線が悪いから。車線変更した方が良いのではないか、そうすれば違う結果が得られるのではないか、と考えてしまうのです。

ファイル 2017-08-12 23 06 21.jpeg
 
先日伊東の花火大会がありました。思わず写真撮ってしまいます。

ピアノの先生をしている友人が「最近の親御さんは、自分が願う様に子どもが成長しないと直ぐに先生を変えたがる」と話していました。心理士をしている友人も「最近の患者さんは、自分が願うペースで回復しないと直ぐに別のカウンセラーに移りたがる」と話していました。待つことが苦手なのは現代人の特徴かもしれません。
思う様にいかないことがあると受け止められず、原因を特定したくなります。「誰誰のせいで」「○○が原因で」、そう考えることで目の前の現実から逃避してしまうのです。
でもそういう生き方は渋滞の中の車線変更と同じ、多くの場合遠回りにしかなりません。今願う結果が出ていなかったとしても、その道に留まることが一番の近道であることは多いのではないでしょうか。

内村鑑三が自らの人生の転機になった出来事として、師であるシーリー教授のこのような言葉を書き残しています。
【あなたのしていることは、子どもが植木を鉢に植えてその成長を確かめたいと毎日土を掘り返し根っこを抜いているようなものだ。なぜ成長を神と日光に委ね、安心してあなたの成長を待たないのか】

それぞれが人生で咲かせる花には違いがあります。その大小にも違いはあるでしょう。でもそれはあまり問題ではありません。
私たちが花を観て「大きいから綺麗、小さいからつまらない」、そんな風に考えないのと同じ。子どもたちそれぞれがステキな花を咲かせてくれます。大小は問題ではありません。
でも親はわが子に大きな花を咲かせて欲しいと考えて、良かれと思って車線変更を繰り返させてしまうようなことがあります。そうやってせっかく咲くはずの種を傷つけ、すでに成長をはじめている根を痛めてしまうのです。
大切なことはその子らしく咲かせてあげること。そのために一番大切なことは、信じて待つこと。一人一人が素晴らしい花を咲かせる種を持っていて、それを成長させてくださる神様がいらっしゃることを、です。

私も自分の娘には、思い通りにいかない時に自分の足りない所・課題を率直に認めながら、しかし成果が出なくてもこれまで自分が頑張ってきたことを簡単に否定してはいけないこと。なかなか前に進めない時にも、なおそこに留まって努力することが人生の最短距離であると励まします。そう教えながら、これは子どもの問題である以上に親自身の課題だなと思います。
成長と共に親が子どものためにできるプラスのサポートはどんどん少なくなっていきます。良かれと思って行動しても裏目に出ることばかり。そういう中で親が子どものためにできる最大のサポートは、表面的に現れる出来事に左右されず確かに地中で根は成長していて、やがて咲く花は大小に関わらず素晴らしいものであると信じていること。そうやって成長させてくださる神様に信頼することです。

あなたの子育てを応援している、牧師の山口です。

posted by pastoryama at 23:05| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする