2017年05月29日

失敗を繰り返す人、失敗から成長できる人

聖書の中でイエス様が「口から出て来るものは、心から出て来る」と教えてくださいました。
私たちが生活の中で何か思いがけない失言をした時に「心にも無い事を言ってしまい...」などと言い訳をすることがあります。けれどもどうでしょうか。心にも無いことが突発的に口から出てくるのではありません。イエス様がおっしゃるとおり、普段隠している心の中の思いが何かの拍子に飛び出してしまうのです。

burogu.jpg
恒例の川奈聖書教会チャペルコンサート、6月17日に開催です!フルート奏者、菅井春恵さんをお迎えします。ぜひぜひ足をお運びください。

生きていれば手痛い失敗は誰でもするものです。失敗からしか学べないことがたくさんあります。私もこれまでたくさん失敗をして、戒めていただき、許していただき、何とかここまで歩んでくることができました。そういう経験を通して段々注意力を身につけていくものですが、それでも失敗しやすいパターンというのはそれぞれにあるものです。言葉で失敗する人、感情的になって失敗する人、突っ走って失敗する人、色々です。
自分でも注意しているつもりなのですが、分かっていても失敗してしまう私たちの現実の中で、その失敗をどのように受け止めるのかが重要です。

例えば言葉で失敗した時に「心にも無いことを」と、うっかりミスや突発的な失敗と捉えて“これからはもっと注意深くすれば”と受け止めるなら恐らくその人はまた同じ失敗を犯すでしょう。失敗というのは心にあるものが出てきて起こるのです。失敗の原因となる要素がその人の内側にある以上、注意力では防ぎきれません。
ですから失敗した時に「思いがけず」と誤魔化すのではなく、犯した失敗を通して抱えている問題を直視し、原因となっている場所を手当てしていかなければ人間は何度でも同じ失敗を繰り返してしまうのです。

一例ですが、例えば失言の多い人というのは思想の問題もあるでしょうが、その場その場で相手に取り入ろうと過剰に喜ばせようとして言わなくて良いことまで言ってしまう、つまり相手に良く思われたいという思い。逆に言うと、このままの自分ではダメだという自己否定感の問題を抱えている可能性があります。
感情的になって失敗する人というのは、自分の思い通りに物事が進まない時に感情によって自分の望む結果を得ようとしてしまう。これは、子ども時代に怒ったり駄々をこねたり感情を表すことで親を思い通りに動かせた経験の多い人。また逆に、親が非常に感情的で理屈ではなく感情で従わされる経験が多かった方。そういう所からの問題を抱えていることも考えられます。

いずれにしても、放っておけばどんなに気をつけても同じ失敗を繰り返してしまいます。逆に繰り返しやすい失敗を通して、自分の抱えている問題や痛みに気が付くこともできるのです。
「心にもないことを」と誤魔化さず、心から出てきた言葉として向き合っていくと、失敗を通して私たちは成長することができるのです。

posted by pastoryama at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする