2016年12月31日

終わりっぱなしにしない生き方

もう何年も前のこと、地域のとある問題に関わることになり、教会のメンバーや地域の友人たちに協力してもらいそのことに向き合いました。
私自身が直接的な当事者では無かったのですが、とはいえ放置できない事柄であったので我が事のように関わり膨大な時間と労力を使い、奇跡的に素晴らしい結果を得ることができました。しかし良い結果が出た後に、私の目には許容できない事柄が散見されるようになり、結局きっぱりその事柄から手を引きました。
私のみならず友人たちにも多大な犠牲を払って関わってもらったことであっただけに、あやふやにすることはできないと判断してのことです。その時点で、もうそのこととは一切関わらないつもりでおりました。

roosterのコピー.jpg
川奈聖書教会の元旦礼拝、午前10時半から執り行います。新年を教会で!どなたでもお越しください。

お人好しに見られることもありますが、私の父親は【頑固一徹九州男児】でして、どうも私にもそういうセンサーがあるようです。不誠実なことをする人や集団にはバッサリいきますし、許容できない事柄については断固拒否する頑固な性格です。
この件については価値感の違いの問題ではあったのですが、私たちの思いを軽んじられたと感じましたので今後一切関わらないつもりでハッキリとその旨を当事者側に伝えて退きました。

普通なら、あれだけキッパリ手を切った人には近づかないのが普通だろうと思いますし、誰も近づきたくはありません。
しかし数日後、当事者側の高齢の男性が私の所を訪ねてこられました。私を引きとめるというのではなく、“ここまで協力してもらったことでこのような成果を得ることができた”と協力の感謝。そして意にそぐわないことになったお詫びを伝えにこられたのでした。
ある分野で日本を代表するような方でしたが、〜だからこそと言うべきでしょうか〜、関係は終わってしまったのですが、それでも終わりっぱなしにしない。ちゃんと終わりを整えていかれる姿勢に、大切なことを教えられました。

それから更に数日後、今度はやはり当事者側の高齢の女性が雨の中和服を来て教会まで徒歩で突然お見えになりました。その方もやはり、私を引き留めるとか弁明のためではなく、これまでの協力への感謝とこちらの意に沿えなかったことのお詫びを伝えにきてくださいました。
私の心は完全に閉ざされていたのですが、それでも母親よりも更に1世代上の方が雨の中歩いて挨拶に来られて無下に追い返すようなことは人としてできません。結論は変わりませんが、しかしわざわざ訪ねてきてくださったことを感謝し祝福を祈って別れました。やはり、終わりを整える姿勢、終わりっぱなしにしない姿勢に教えられる経験でした。

それから随分時が経ち、今もその方々とは関わりがありますし、外からではありますが無理のない範囲でサポートさせて頂くことがあります。2人の人生の大先輩から大切なことを教えて頂いた経験でした。

先を見ること、将来に繋いでいくことの大切さをご高齢の方から教えられた印象的なエピソードです。
現代人は何でも使い捨て。人間関係も使い捨てです。使えると思う人間関係があると必死にアピールしてきますし、思い通りいかないと一転メール一本の挨拶も無く放りっぱなし。しばらく経って、何事も無かったようにまた自分の都合で現れて...、そういうことが非常に多いように思います。今のことしか考えられない、自分のことしか、目先のことしか考えられないからでしょう。
これからまだ何十年と生きる可能性がある人が先のことを考えられず、今を使い捨てにしてしまう一方で、それ程長くは生きられない高齢の方が先を見ている。将来に繋げることを考えている。皮肉なようですが、しかし人生経験を通しての知恵だと思います。

「もう終わり」「もうイイや」と思えるようなことが起こりますが、しかし多くのことは続いていきます。繋がっていくし、繋げていかなければいけません。だから終わり方は大切なのです。
例えその時には道が閉ざされたとしても、道路工事を途中で放り出すようなことをしたら、やがて工事を再開するチャンスが巡ってきたとしても誰も協力はしてくれません。

もう直ぐ年が変わります。今年のことはきっぱり忘れて、新しいスタート。それも悪くはありませんが、今年あった色々なことを投げ出さず新しい年に繋げていくことも考えて頂きたいと思います。
何か直ぐに成果を出したり、形にする必要はありません。でも、捨ててしまわない、忘れてしまわない。いつか意味をもつかもしれない。いつか繋がるかもしれない。その時に「あぁ、ちゃんと整理しておけばよかった」ということにならないように、終わりを整え繋がっていく年越しになりますように。「終わりっぱなしにしない生き方」で新しい年を迎えてくださったら、2017年に充実した歩みができるのではないでしょうか。
神様の祝福をお祈り申し上げます。

posted by pastoryama at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。