2015年11月19日

子どもに教えるべき本当の「特別」

「あなたは掛け替えの無い特別な存在」、親はわが子にそのように伝えたいと願うでしょう。大切なことです。しかし時に「特別」の意味を履き違えしまうことがあるかもしれません。
無題.jpg
21日(土)午後1時半から2時半、教会ピアノ教室の発表会を行います。ピアノを通して子どもたちの健やかな成長を願い、3年間続けてきました。ぜひ応援にいらしてください。またピアノ教室や教会塾に関心の方は気軽に連絡ください。

子どもの頃、私が通っていた空手教室の流派の大先生のお祝いの式典でこんな光景を目にしました。
空手道の式典ですから偉そうな先生が前に並んで厳粛な感じで執り行われていたのですが、式の途中小さな子どもさんがチョロチョロっと前に出てきておどけた仕草をしました。途端に張り詰めた空気がゆるんで、前に並ぶいかめしい先生たちがニコニコと顔をほころばせたのです。そのお子さんは大先生のお孫さんでした。
その様子を見ていて今度は別の小さな子どもさんが、やはり前に出てきて同じようにふざけたのですが、そのお子さんはあっという間に「あっちに行きなさい」と連れ出されてしまいました。そのお子さんは「普通」のお子さんだったからです。
中学生の私はその光景を非常に嫌な思いをしながら見ていたことを思い出します。

子育ての中で子どもの「特別」の意味を履き違えないように気をつける必要があります。本当の意味での「特別」を教えるためには、子どもの立ち位置を「特別」にしてはいけないのです。
「普通」の子どもとは違って大先生の孫である「特別」な子どもは、そもそも他の子どもたちと立っている場所が違います。違う場所に立っているがゆえに「特別」であると自分を認識していた子どもが、その「特別」を失った時に経験するのは劣等感です。大人が与えてくれた下駄を履いて他の子どもを見下していた子どもさんは、下駄が無ければ自分を肯定できなくなってしまいます。
フラットな関係性の中で自らを肯定する力が養われていないので、普通の関係性の中に生きることができないのです。
つまり立場・立ち位置としての「特別」を与えられて優越感を経験することは、結果として子どもの健全な自己肯定感を損なわせてしまうことになりますし、人間関係を構築していく上で大きな問題を抱えてしまいます。

先日、ある学校で修学旅行の際にクラスの大勢の子どもさんが持っていけるお小遣いの上限を超えて持ってきて問題になったという話しを聞きました。親御さんたちの「自分の子どもだけには多く持たせてやりたい」という思いが働いたのでしょう。
しかし、子どもにとって大切な経験はたくさんお小遣いがあるから「特別」楽しめることではなく、決められた枠の中であれこれ考え工夫し得られる自分だけの「特別」な楽しさではないでしょうか。

大人が与えた下駄を履いての「特別」は、子どもに本当に与えなければいけない「特別な存在である」という自己肯定感をむしろ損なわせてしまうものです。
比較することの中での特別性では無く、比較できないことの中に見出される特別性を子どもに伝えることができたら、子どもの人生に掛け替えの無いプレゼントができたと言える子育てになるのではないでしょうか。

川奈聖書教会はあなたの子育てを応援しています!ぜひ教会学校に子どもさんをお送りください。
毎週日曜日 午前9時15分から10時30分

posted by pastoryama at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする